ゲンタシンの特徴など|陰部ややけど、痔や口角炎の使用は?軟膏とクリーム剤について確認

ゲンタシン外用剤の特徴、効果、使い方、副作用、薬価、ジェネリック、市販での購入などについて添付文書等から解説していきます。

ゲンタシンの特徴

ゲンタシンの外用薬は抗生物質のゲンタマイシンを含み皮膚の化膿、感染を防ぐ効果がある薬です1)ゲンタシン軟膏0.1%/ ゲンタシンクリーム0.1% 添付文書

化膿性皮膚疾患の主な原因菌として、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌がありゲンタシンはこれらの菌に対して殺菌的な効果を発揮します2)ゲンタシン軟膏0.1%/ ゲンタシンクリーム0.1% インタビューフォーム

ゲンタシンの外用薬にはゲンタシン軟膏、ゲンタシンクリームがあり、用途に応じて使い分けができます。

ゲンタシンの効果

ゲンタシン外用薬は皮膚の化膿を引き起こす細菌に対して効果が期待できます。

ゲンタシン軟膏、ゲンタシンクリームの適応菌種、適応症の詳細は以下の通りです。

〈適応菌種〉
ゲンタマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属(肺炎球菌を除く)、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌
〈適応症〉
表在性皮膚感染症、慢性膿皮症、びらん・潰瘍の二次感染

ゲンタシン軟膏0.1%/ ゲンタシンクリーム0.1% 添付文書

ゲンタシンのやけどの使用

ゲンタシン外用剤はやけどなどでも使用されることが塗り薬です。

ただし、ゲンタシンそのものには炎症を抑える効果はなく、あくまで感染を防ぐことに効果がある薬です。応急処置としてゲンタシンの使用のみでは適切な処置とは言えず患部の症状に応じて医師の診察を受けるようにするのが安全と言えます。

ゲンタシンの痔への効果

ゲンタシン外用剤は痔に対しては積極的に使用する薬とは言えません。

痔の場合に使用する主流の薬は、細菌に対する成分と炎症を抑える成分を含む製剤が使われることが多く、場合によっては局所麻酔作用がある成分を含むものもあります。

抗生物質のみであるゲンタシンを使用することはあまりなく、医師から指示のある場合を除き、自己判断で使用するのは避けましょう。

ゲンタシンの口角炎への効果

ゲンタシンは口角炎に対しても使用されるケースはありますが、ゲンタシンそのものの効果は感染を抑えるのみであり、炎症を抑える効果はありません。

口角炎などの炎症は、ステロイドなどの炎症を抑える成分を含む製剤の方が向いているケースが多く、医師からの指示がある場合を除き、自己判断で口角炎へ使用するのは避けましょう。

市販薬として口角炎に向いている薬として、口内炎軟膏大正A、メンソレータムメディカルリップなどもあります。

ゲンタシンはステロイドではない

ゲンタシンの外用薬はいわゆるステロイド薬ではなく、抗生物質の塗り薬です。

したがって、抗炎症作用はなく、あくまで化膿止めとしての作用のみとなります。

ゲンタシンの使い方

ゲンタシンの外用剤は1日数回患部に塗って使用します。また、ガーゼなどに伸ばしてそれを貼っておく方法でも使用できます。

ゲンタシンの用法用量の詳細は以下の通りです。

1日1~数回患部に塗布するか、あるいはガーゼなどにのばしたものを患部に貼付する。

ゲンタシン軟膏0.1%/ ゲンタシンクリーム0.1% 添付文書

ゲンタシンの陰部や顔への使用

ゲンタシン外用剤は場合によっては顔や陰部などのデリケートな部分でも使用するケースがあります。医師から顔や陰部のへの使用を指示されている場合はその通り使用しても問題ないでしょう。

ただし、医師からの指示ではない場合では自己判断で使用することはやめましょう。

ゲンタシンは抗生物質のみの成分であり、薬自体が炎症を和らげる作用はありません。感染を防ぐ効果がありますが、ウイルス性のものや細菌の菌種によっては効果がなく、患部にゲンタマイシンの抗生物質が必要な状態であるかの判断は専門家でないと難しいケースもあります。

必ず医師の指示に基づいて使用するようにしましょう。

ゲンタシンの副作用

ゲンタシンの外用剤の副作用はほとんどありません。

主なものとしてほうこくされているものは発疹等ですが、こちらの頻度も0.1%未満とされており、実際に経験することはあまりないと言えるでしょう。

また、腎障害、難聴の注意喚起もありますが、実際にこれらの副作用がおこる可能性はほとんどなく、頻度も不明とされています。長期連用の場合は念のため、気をつけるようにしましょう。

ゲンタシンの薬価、ジェネリック

ゲンタシン外用剤の薬価は2018年4月改定時点で1gあたり11.3円とされています。10gの製品1本あたり113円の計算となります。

なお、ゲンタシン外用剤の軟膏にはジェネリック医薬品が販売されており、ゲンタマイシン硫酸塩軟膏0.1%の名称で販売されています。薬価や1gあたり7.1円とされており、ゲンタシン軟膏よりも安価となっています。また、ゲンタシンクリームにはジェネリック医薬品はありません。

ゲンタシンの市販での購入|薬局での販売は

ゲンタシンの成分であるゲンタマイシンを含む外用剤は市販薬としては販売されておらず、通常の薬局や薬店において市販で買うことはできません。

しかし、他の種類の抗生物質と抗炎症作用のあるステロイドを含む外用剤は販売されており、フルコートfやベトネベートN軟膏ASなどが代表的な製品として挙げられます。いずれもフラジオマイシン硫酸塩の抗生物質を含んでおり、化膿止めのとしての効果も期待できますが、ステロイドを含んでいる点には注意しましょう。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

出典・引用・参考文献   [ + ]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)