ヒルドイドを市販で購入するには?|同じ成分のHPクリームとHPローションについて

ヒルドイドクリーム、ヒルドイドローションを市販でも買いたい時に、同じ成分のため代用できるHPクリーム、HPローションなどがあります。これらの効果や副作用、顔などへの使用について確認していきます。

ヒルドイドの成分はヘパリン類似物質

水分保持作用(いわゆる保湿作用)や血流量増加作用が認められているヒルドイドですが、ヒルドイド自体は医療用医薬品であるため、病院やクリニックで処方箋をもらう必要がある薬です。

近年は美容目的で話題に登ることが多いですが、ヒルドイドの適応自体は皮脂欠乏症などの保湿目的が一般的です。

ヒルドイドの成分はヘパリン類似物質というものです。このヘパリン類似物質にはいつくか作用がありますが、その一つに保湿作用があり、これにより肌の水分保持力を改善させ、さらに血行促進作用により肌の調子が良くなります。

ヒルドイドの正式な効能効果は以下のとおりです。

皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、血栓性静脈炎(痔核を含む)、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)

ヒルドイドクリーム0.3%/ ヒルドイドソフト軟膏0.3%/
ヒルドイドローション0.3% 添付文書

ヒルドイドを市販で購入する方法

ヒルドイドやは非常に使い勝手が良い薬の一つであり、継続して使いたい場合もあるかと思います。しかし、ヒルドイド自体は医療用医薬品であるため、基本的には医師の処方箋が必要となります。

医師の処方箋をもらうにはクリニックや病院で診察を受ける必要がありますが、忙しくてクニックにかかる時間がない、クリニックが近くにない、といったケースもあるかと思います。

そのようなケースでヒルドイドを市販で購入する方法(処方箋がない場合)として考えられるのは主に以下の2点です。

①処方箋なしで薬局でヒルドイドを買う
②市販薬でヒルドイドと同じ成分のものを買う

①はヒルドイドそのものを、医療用医薬品を取り扱っている調剤薬局から購入する方法、②は市販薬の中でヒルドイドと同じ成分を含んでいるものを購入するという方法です。

それぞれ詳しく確認していきましょう。

ヒルドイドは法律上では処方箋がなくても買うことができるが

前述の①の方法ですが、ヒルドイドは法律上は処方箋がなくても買うことができます。

ヒルドイドは医療用医薬品に分類されますが、医療用医薬品はさらに大きく二つに分類され、「処方せん医薬品」と、「処方せん医薬品以外の医薬品」があります。ヒルドイドは「処方せん医薬品以外の医薬品」に分類され、これらの医薬品は厳密には処方せんがなくても購入することが可能となります。

ただし、これはあくまで法律上の話であり、実際にヒルドイドを処方せんなしで販売してくれる薬局はあまりありません。

その理由は医療用医薬品は原則は処方せんに基づいて調剤してから患者さんに販売するものであり、薬局側には処方せんがない患者さんには販売の応需義務もありません。

以下、厚生労働省の通知(薬食発 0318 第4号)

厚生労働省通知薬食発 0318 第4号

厚生労働省通知薬食発 0318 第4号

また、仮に調剤薬局でヒルドイドを処方箋なしで購入することができた場合でも、保険適応にならないため、費用が高額になったり、副作用が出てしまった場合は通常だと受けられる国からの救済も受けることができないなど、購入する側にもデメリットがあります。

調剤薬局側にも販売するメリットがあまりないため、実際にヒルドイドを通常の薬局で購入することはあまり現実的ではありません。

市販薬でヒルドイドと同じ成分のものを買う

前述の②の方法となりますが、ヒルドイドの成分であるヘパリン類似物質を含む薬は市販でも販売されており、その代表的な製品の一つがHPクリームHPローションです。

HPクリーム、HPローションはヘパリン類似物質を100g中0.3g含んでおり、これは医療用のヒルドイドと同じ含有量になり、HPクリーム、HPローションはヒルドイドと同じ効果が期待出来ると言えます。

HPクリーム、HPローションの効能効果と用法用量

HPクリーム、HPローションについて、製薬会社から情報提供されている効能効果と用法用量を確認していきましょう。

効能効果は以下の通りです。

手指のあれ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、きず・火傷あとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身・捻挫後のはれ・筋肉痛・関節痛

HPクリーム、HPローション 添付文書

用法用量は以下の通りです。

1日1~数回、適量を患部にすりこむか、又はガーゼ等にのばして貼ってください。

HPクリーム、HPローション 添付文書

基本的には患部に必要な時に塗ることになります。

HPクリーム、HPローションの使い分けと顔への使用

HPクリーム、HPローションと二つの剤型があり、その使い分けですが、一般的にに塗る場合にベタベタするのが気になる場合はHPローションの方が使い易いと言われています。ただし、一般的に保湿などの効果はローション剤よりはクリーム剤の方が高いとも言われています。

HPクリームとHPローションの両方をストックしておいて、夜のお風呂上がりはベタベタしても問題ないために、より高い効果が期待できるHPクリームを使用し、朝の出勤前や外出の予定があるといなどは使い易いHPローションを用いるなどの使い分けもありでしょう。

ただし、これらの内容は絶対に守るべき内容ではないため、処方薬のヒルドイドを使った経験があり、それが使いやすかったということであれば単純にそれと同じ剤型を使用することでも問題ありません。ヒルドイドソフト軟膏やヒルドイドクリームはHPクリーム、ヒルドイドローションはHPローションがそれぞれ処方薬に近い剤型となります。

HPクリーム、HPローションの副作用や注意点は

HPクリームやHPローションは子供でも使用出来る非常に使いやすい市販薬となります。ただ、それでもいくつか報告されている副作用や注意点がありますので、確認していきましょう。

製薬会社から注意喚起されている副作用は、発疹・発赤、かゆみ、はれ、紫斑などです。

これらの症状がみられた場合は、副作用の可能性があるため、使用を中止し医師や薬剤師に相談しましょう。

また、注意点として、血液凝固抑制作用を有しているため、出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の人は使用できません。

他にも目や目の周囲や口腔、鼻腔、膣などの粘膜には使用しない点や、出血のある傷口には使用しない点、顔面にある傷あと、やけどのあとには使用しない点が注意喚起されています。

これらの点には注意して使用するようにしましょう。

HPクリーム、HPローションの値段、価格を確認

HPクリーム、HPローションのの値段、価格についても見ていきましょう。

メーカーの小売希望価格(税抜)は以下の通りです。
HPクリーム
25g・・・1,219円
60g・・・2,267円

HPローション
50mL・・・1,648円

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)