花粉症におすすめの市販薬ランキング!くしゃみや鼻水、鼻づまり、鼻炎、目のかゆみに効く市販薬と花粉症の予防やケース別のおすすめも紹介!

花粉症はくしゃみや鼻水、鼻づまり、鼻炎、目のかゆみなど、様々な症状が出て私生活に多大な影響をもたらします。市販薬も数多くのものがありますが、どれが自分の症状にあった薬なのか悩むことも多いのではないでしょうか。今回は花粉症の市販薬に関して、おすすめのものをランキング形式や症状などのケース別にも紹介していきたいと思います。

市販薬のおすすめのランキング!第1位はアレジオン

早速ですが、花粉症に対する市販薬のおすすめを紹介していきたいと思います。

第1位 アレジオン
第2位 アレグラFX
第3位 ストナリニZ

1日1回で眠気の少ないアレジオン

第1位としたのはアレジオンです。CMでもやっているので皆さんも一度は耳にしたことがある名前ではないでしょうか。このアレジオンのおすすめとした理由は1日1回の服用で効果がある点と、花粉症の薬のなかではかなり眠くなりにくいという点です。

花粉症の薬は一般的に副作用で眠くなるということが多いため、眠くなりにくいという特徴はアレジオンの優れている点のひとつですね。さらに1日1回の使用で済むというのも大きなメリットです。1日複数回の使用ですとどうしても飲み亜忘れということが起きてしまうと思います。また、アレジオンは同じ名前で医療用医薬品としても比較的よく使われる薬であり、花粉症に対しての効果もある程度の強さを持っています。アレジオンはこの1日1回で済み、眠くなりにくいという特徴から、非常に使いやすい薬であるということで今回第1位とさせていただきました。

アレジオンの詳細記事→花粉症におすすめの市販薬アレジオンについて!効果や眠気の出やすさ、アレグラとの比較、値段や価格も!くしゃみや鼻水、鼻づまりの鼻炎症状を改善しよう!

眠気が最も出にくいアレグラFX

第2位はこちらもCMがよく流れているアレグラFXです。アレグラFXの特徴は何と言ってもその眠くなりにくさです。現在市販されている花粉症に効果のある抗ヒスタミン薬という分類の中でも最も眠くなりにく成分といえます。アレグラFXを使用しても眠くなって日常生活に影響があることはほとんどないと言えるでしょう。ただし、1日2回の服用が必要であり、この点はアレジオンと比較してデメリットになり得るため、今回は第2位とさせていただきました。

アレグラの詳細記事→花粉症でよく使われるのはアレグラ!おすすめ理由と効果や特徴、副作用、価格についても

ストナリニZも使いやすい花粉症薬のひとつ

第3位のストナリニZも1日1回の服用で効果のある市販薬です。眠気にについてもかなり出にくい部類になりますが、アレジオンやアレグラFXよりは眠気の副作用が出やすいとされているため、今回は第3位としました。

症状が強い場合は第一世代の抗ヒスタミン薬ストナリニSがおすすめ

前述のおすすめランキングで紹介させていただいた薬はすべて抗ヒスタミン薬といわれるグループに属する薬であり、その中でも第二世代の抗ヒスタミン薬と言われています。

第二世代の抗ヒスタミン薬は抗ヒスタミン薬に共通している眠気の副作用が比較的出にくいという特徴がありますが、花粉症などのアレルギーに対する効果は第一世代の抗ヒスタミン薬の方が一般的には強いとされています。

したがって、眠気を気にせず、花粉症に対してより強い効果を求める場合は第一世代の抗ヒスタミン成分を含む市販薬がおすすめとなります。

第一世代抗ヒスタミン薬のおすすめはストナリニS

花粉症に用いる市販薬で、第一世代の抗ヒスタミン成分を含むものでおすすめの一つがストナリニSです。

ストナリニSはクロルフェニラミンマレイン酸塩という強力な抗ヒスタミン成分を含んでおり、花粉症の症状を抑える効果が期待できます。

また、ダツラエキスというこちらも鼻水などの症状に対して効果のある成分や、特に鼻づまりに効果のあるフェニレフリン塩酸塩という成分も含まれてます。

眠気の副作用が出やすいこと懸念されますが、実際に使用した人によるアンケート調査では非常に満足度の高かった市販薬のひとつです。

ストナリニSの詳細記事→花粉症におすすめ!ストナリニSは強い効果と長く効く特徴を持ち、価格も安い鼻炎薬

発症前から予防したい場合はアレギサール鼻炎がおすすめ

市販薬の中にも花粉症の予防として使用できる薬もあり、アレギサール鼻炎がその一つです。

アレギサールの特徴はとして以下の点が挙げられています。

発症前から服用することで、症状の発現を遅らせ、花粉シーズン中の症状を軽くします。眠くなる成分が入っていないため、受験生や仕事中の方にも服用いただけます。不快で長びく鼻づまりにも効果があり、継続服用することで更に効果が高まります。

上記の通り、発症前から服用することで、症状が出にくくなるという特徴を持っています。また、おすすめランキングで紹介した抗ヒスタミン薬とは異なるグループの薬であり、眠気の副作用はあまり出ないとされている薬です。まだ花粉症の症状が出てない場合はアレギサールを使用してみるのもいいかもしれませんね。

アレギサール鼻炎の詳細記事→花粉症の対策はアレギサール鼻炎!予防におすすめの市販薬のくしゃみや鼻水、鼻づまりに対する効果を解説!実際の効き目や副作用、価格・値段についても

鼻づまりの症状が強い場合はナザールなどの点鼻薬がおすすめ

花粉症の症状の中でも鼻づまりの症状が特につらいという場合は点鼻薬(直接鼻に噴射する薬)もおすすめとなります。花粉症による鼻づまりの原因は、鼻の粘膜の毛細血管が拡張し、粘膜が腫れることでおこります。

多くの点鼻薬はこの拡張した血管を血管収縮成分によって粘膜の腫れを抑え、鼻づまりを解消されるものとなります。

点鼻薬は効果が実感しやすいものが多いですが、長期間の使用や短期間の大量使用などをすると、逆に鼻づまりが悪化する可能性もあるため、本当に必要なときだけの使用とし、長期の使用は避けましょう。

定番の点鼻薬はナザールスプレー

ナザールスプレーはナファゾリンという血管を収縮させる成分を含んでいる点鼻薬であり、その他にも抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩や殺菌成分のベンザルコニウム塩化物を含んでいます。

市販の点鼻薬の中では比較的定番といえるもので、どの点鼻薬を使用するか迷う時はこのナザールスプレーがおすすめとなります。

ナザールスプレーの詳細記事→花粉症にも効くおすすめの点鼻薬ナザールスプレー!その効果と眠気などの副作用、使い方、価格についても!

痛みやかゆみを和らげたい場合は局所麻酔入りのベンザ鼻炎スプレー

鼻づまりで痛みやかゆみが強い場合は局所麻酔成分を含む点鼻薬がおすすめです。ベンザ鼻炎スプレーは血管収縮成分として、テトラヒドロゾリン塩酸塩を含んでおり、さらに麻酔作用を示すリドカインを含んでいます。

リドカインは鼻の粘膜の感覚を鈍らせるため、一時的に鼻の苦しさが軽減されます。非常に効果を実感しやすいですが、こちらの点鼻薬も、頻回に使用することは避けましょう。

炎症がひどい場合はステロイド入りのナザールAR

炎症がひどい場合にはステロイドが入っている点鼻薬も選択肢の一つとなります。ステロイドと言うと副作用が怖いというイメージもあるかと思いますが、点鼻薬のような局所で使用するものに関してはそこまで副作用を心配する必要はありません。また、効果の強さという面では抗ヒスタミン成分などと比較してもかなり高い効果が期待できますので、強い効果を期待する場合は、ナザールARがおすすめとなります。

目の症状が辛い場合はロートアルガードプレテクト、エージーアイズアレルカット、ザジテンがなどおすすめ

花粉症には目の症状もありますね。目の症状にはやはり目に直接作用させる目薬がおすすめとなります。

アレルギーを元から抑える医療用成分を含むロートアルガードプレテクト

ロートアルガードプレテクトは、アレルギーを元から抑える医療用成分トラニラストを、医療用点眼薬と同濃度配合している目薬です。

製薬会社からは「今出ている症状を鎮めるだけでなく、花粉シーズンの初期から用法用量、注意事項を守ってしっかり継続使用することで、花粉飛散のピーク時における目のかゆみや充血などを効果的にやわらげる」と宣伝されており、予防目的もで効果が期待出来る目薬となります。現時点では要指導医薬品と言われる規制がかかった市販薬となり、通販では買うことができず、薬剤師のいる薬局で購入することが必要となりますが、その分その効果についても期待できそうです。

エージーアイズアレルカット、ザジテンAL点眼薬などの抗アレルギー成分、抗ヒスタミン成分を含む目薬もおすすめ

エージーアイズアレルカットは抗アレルギー剤として医療用でもよく用いられているクロモグリク酸ナトリウムという成分を含んでおり、花粉症などのアレルギー誘発物質の放出を抑える効果をもたらす目薬です。その他にも目のかゆみをおさえるクルフェニラミンマレイン酸塩や、炎症を鎮めるグリチルリチン酸二カリウム、目の潤いを保持するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムなどが含まれて入ります。

ザジテンAL点眼薬はケトチフェンフマル酸塩という成分を含んでおり、このケトチフェンフマル酸塩が抗ヒスタミン採用、抗アレルギー作用、抗炎症作用を発揮し、花粉症などの目のかゆみや充血に作用をもたらす目薬となります。内服などでも使用されている成分であり、高い効果の反面、眠気も出やすいとされており、点鼻薬と併用する場合には自動車などの乗り物の運転などは禁止されているのでご注意ください。

ザジテンAL点眼薬の詳細記事→ザジテンAL点眼薬の花粉症に対する効果、眠気などの副作用、価格は?コンタクト使用中や妊婦、授乳中の使い方についても!通販で買えるおすすめの市販の花粉症用目薬について

終わりに

今回は花粉症におすすめの市販薬をランキング形式やケース別に紹介してきました。花粉症はくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど色々な症状があり、自分の症状にあった市販薬を選ぶことが重要になります。今回の記事の内容を参考に適切な薬を選択して、辛い症状を抑え快適な生活を送れるようにしましょう。

薬を使用する際には必ず添付文書を確認し、決められた用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)