ルルアタックEXの成分や効果、副作用|眠くなるかやロキソニンとの併用可否も

総合感冒薬(風邪薬)のルルアタックEXは、その成分から風邪のつらい症状の一つである喉の痛みや熱によく効くように作られた市販薬です。今回はルルアタックEXについてその効き目や効果、喉の炎症や痛みに対する作用の仕方、副作用や注意点、値段や価格についても確認していきたいと思います。

ルルアタックEXの成分は

ルルアタックEXの1日量の成分は以下の通りです。

トラネキサム酸 750mg
イブプロフェン 450mg
クレマスチンフマル酸塩 1.34mg
ブロムヘキシン塩酸塩 12mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 60mg
ジヒドロコデインリン酸塩 24mg
チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩) 25mg
リボフラビン(ビタミンB2) 12mg

ルルアタックEX 添付文書

このうち、ルルアタックEXが得意とする喉の痛みや熱に効く成分は、トラネキサム酸とイブプロフェンになります。トラネキサム酸は出血や炎症などを引き起こすプラスミンという物質の作用を阻害する働きがあり、この作用によって炎症を鎮める効果があります。従って喉の炎症部位などに作用し、喉の痛みに効果を発揮するということになります。

また、イブプロフェンは解熱鎮痛成分の一つであり、プロスタグランジンなどの熱や痛みの原因となる物質の生成を抑制します。イブルロフェンは市販役で使用されている解熱鎮痛成分の中でも比較的効果が強い方であり、熱に対する効果や、トラネキサム酸と合わせた喉の痛みに対する効果は十分期待できると言えそうです。

ルルアタックEXのその他の成分については、鼻水、鼻づまりなどに効果が期待できる抗ヒスタミン成分のクレマスチンフマル酸塩や、たんの切れを良くするブロムヘキシン塩酸塩、咳を鎮める効果を持つジヒドロコデインリン酸塩、気管支を拡張して咳を楽にするdl-メチルエフェドリン塩酸塩、風邪で消耗した体力を回復させたりするビタミン類などが含まれています。

ルルアタックEXの効果と効き目は

ルルアタックEXの効果と効き目について確認していきましょう。

まずは、風邪の各症状に対する効き目の目安を成分から考えてみました。個人の主観によるものであることを予めご了承ください。

喉の痛み・・・・・・◎
熱、頭痛、関節痛・・・◎
鼻水、鼻づまり、鼻炎・・・◯
咳・・・・・・・・・◯
たん・・・・・・・・◯

まず、喉の痛みに関しては、ルルアタックEXの製品キャッチフレーズでも「のどが痛いカゼ」と謳っているくらいであり、抗炎症成分のトラネキサム酸、比較的強い解熱鎮痛剤のイブプロフェンが含まれている点からも十分な効果が期待できると言って良さそうです。

熱、頭痛、関節痛に対する効果に関しても、市販薬の中では比較的作用の強いイブプロフェンが含まれてますので、十分な効果が期待できると言って良さそうです。

鼻水、鼻づまり、鼻炎症状などに関しては、抗ヒスタミン作用の強い、第一世代の抗ヒスタミン成分であるクレマスチンフマル酸塩と、血管収縮成分であるdl-メチルエフェドリン塩酸塩による鼻粘膜の毛細血管収縮による鼻づまりの改善作用によって、ある程度の効果を期待することができそうです。

咳に対しては、市販薬の中ではかなり作用が強い鎮咳成分であるジヒドロコデインリン酸塩が咳中枢に直接作用することによって咳を鎮め、また、気管支拡張作用もあるdl-メチルエフェドリン塩酸塩が気管支を広げてくれることにより咳を楽にしてくれることが期待できます。

痰については、医療用でも用いられている去痰成分のブロムヘキシン塩酸塩が効果を発揮してくれるでしょう。

ルルアタックEXの効き目は臨床データで確認

ルルアタックEXは実際の患者さんに使用して効果や副作用を確認している臨床データがあり、そのデータでは、96.6%という非常に高い有効率となっています。また、症状別での改善度も確認しており、特に他覚所見の「扁桃発赤」と「咽頭発赤」についてはそれぞれ、98.7%、84.0%という高い改善率を示しています。扁桃発赤や咽頭発赤は喉の痛みにも関連している所見ですので、これらの所見に有効という点からもやはり、喉の痛みに対して高い効果を発揮する市販薬というのがわかりますね。

ルルアタックEXの効能効果と用法用量

続いては、製薬会社から情報提供されているルルアタックEXの効能効果、用法用量を確認していきましょう。

効能効果は以下の通りとされています。

かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、悪寒、頭痛、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、たん、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

ルルアタックEX 添付文書

ルルアタックEXは総合感冒薬に分類される薬ですので、かぜの諸症状に対して様々な適応を持っている市販薬となります。

用法用量は以下の通りです。

次の量を水又はお湯で服用して下さい。

成人(15歳以上)1回2錠 1日3回、食後なるべく30分以内に服用して下さい。
15歳未満:服用しないで下さい。

ルルアタックEX 添付文書

15歳未満の方は使用できない点についてご注意下さい。また、誤った用法用量で使用した場合は、薬の効き目が悪くなる可能性や、副作用が出やすくなる可能性がありますので、用法用量を遵守するようにしましょう。

ルルアタックEXの副作用や注意点|眠くなることも

ルルアタックEXの副作用や、使用する際の注意点についても少し触れていきたいと思います。

主な副作用としては眠気便秘口の渇きなどが挙げられてます。

これらの副作用はルルアタックEXに含まれる成分のクレマスチンフマル酸塩やジヒドロコデインリン酸塩に由来する副作用であり、比較的一般的に出てしまうものとなっています。

基本的に副作用と思われる症状が出た場合はすぐにルルアタックEX服用の中止が必要ですが、眠気、便秘、口の渇きに関しては、症状の持続や増強が見られない限りは中止せずに、様子を見ても大丈夫というような内容の注意喚起となってますので、ひとまずは継続してルルアタックEXを使用しても良いでしょう。

ルルアタックEXの使用に際しての注意点として、眠くなる可能性があるため、服用後の車などの運転は禁止されています。

また、授乳中の人はルルアタックEXを服用できません。どうしても服用したい場合は授乳を避けるようにしましょう。妊娠又は妊娠していると思われる人は服用前に医師、薬剤師などに相談するようにしましょう。

ルルアタックEXの飲み合わせ|ロキソニンは?

ルルアタックEXは多くの成分を含んでおり、基本的に他の薬と飲み合わせはおすすめできません。ロキソニンなどの解熱鎮痛薬もルルアタックEXに含まれるイブプロフェンと同じ役割となるため、一緒に使用することはできません。

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないで下さい。
他のかぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)、トラネキサム酸を含有する内服薬

ルルアタックEX 添付文書 一部抜粋

ルルアタックEXの値段、価格を確認

ここまで解説してきたルルアタックEXですが、値段価格はどうなっているのでしょうか。

メーカーの希望小売価格(税抜き)は以下の通りです。

ルルアタックEX
12錠・・・1200円
18錠・・・1600円
24錠・・・2000円

終わりに

今回は風邪のつらい熱や喉の痛みにおすすめの市販薬ルルアタックEXを紹介してきました。市販の風邪薬(総合感冒薬)は数多くの種類が販売されており、その中から自分の症状に最適なものを選ぶ上で参考にしていただければ幸いです。

薬を使用する際には必ず説明書や添付文書を確認し、決められた用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)