花粉症の対策はアレギサール鼻炎!予防におすすめの市販薬のくしゃみや鼻水、鼻づまりに対する効果を解説!実際の効き目や副作用、価格・値段についても

今回は花粉症の予防におすすめとなる市販薬のアレギサール鼻炎について、その成分や期待される効果、実際の患者さんで確認された効果や効き目の強さ、また、副作用や注意点、値段や価格についても確認していきたいと思います。

<目次>
アレギサールの成分は抗アレルギー作用のあるペミロラストカリウム
アレギサールの特徴、効能効果、用法用量
アレギサールの実際の効果と効き目は
アレギサールの副作用と注意点
アレギサールの値段と価格

アレギサールの成分は抗アレルギー作用のあるペミロラストカリウム

アレギサールの成分はペミロラカストカリウムという医療用医薬品でも使用される抗アレルギー成分です。

このペミロラカストカリウムは粘膜下組織などにおけて肥満細胞と言われる細胞からヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンなどのケミカルメディエーターの放出を抑制することが知られています。

そもそも花粉症が起こる理由ですが、花粉などのアレルギーの原因と体内の抗体とが反応することによって、体内の肥満細胞と言われる細胞からヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンなどのケミカルメディエーターと言われる物質が放出されることによって、起こるとされています。放出されたヒスタミンは知覚神経に反応してくしゃみを引き起こし、また、鼻水の原因ともなります。ロイコトリエンやトロンボキサンは鼻づまりを引き起こす原因となります。

アレギサールの成分であるペミロラカストカリウムはケミカルメディエーターの放出を抑制することから、花粉症におけるくしゃみや鼻水、鼻づまりを防ぐことができます。

アレギサールの特徴、効能効果、用法用量

まず、アレギサールの特徴としてメーカーが挙げている内容は以下の通りです。

肥満細胞を安定化させることで、ケミカルメディエーター(ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンなど)の放出を抑え、アレルギー性鼻炎の3大症状である、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりを抑えます。発症前から服用することで、症状の発現を遅らせ、花粉シーズン中の症状を軽くします。眠くなる成分が入っていないため、受験生や仕事中の方にも服用いただけます。不快で長びく鼻づまりにも効果があり、継続服用することで更に効果が高まります。

田辺三菱製薬 http://www.mt-pharma.co.jp/alegysal/alegysal.html

アレギサールの特徴の一つは発症前から服用することで症状を遅らせたり、軽くするということがうたわれている点ですね。

続いて効能効果は以下の通りです。

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ、鼻水、鼻づまり

アレギサール鼻炎 添付文書

花粉症のほかにもハウスダストによるアレルギーに関しても適応があります。

用法用量は以下の通りです。

成人(15才以上)1回1錠を1日2回、朝食後及び夕食後に服用してください。
年齢 :1回量 :服用回数
成人(15才以上):1錠 :1日2回
15才未満 :服用しないでください

アレギサール鼻炎 添付文書

15歳未満の方は使用できない点をご注意ください。

アレギサールの実際の効果と効き目は

続いてアレギサールの実際の効果や効き目の強さについても確認していきたいと思います。

アレギアールは医療用医薬品でも使用されており、メーカーからの情報によると医療用医薬品のアレギサールはアレルギー性鼻炎の成人患者さん230人程度に使用した調査で、51.1%の人で改善があったという結果があります。約半分の人が改善したという結果は、効果が高いのか低いのか判断が難しいところですが、他の医療用医薬品を見ると、セチリジンという比較的よく使われる成分についても、アレルギー性鼻炎に対する改善率は49.6%という結果であるため、アレギサールの51.1%という改善率についてもまずまずの効果と言えるのではないでしょうか。

また、アレギサールを長期に(8週以上)使用した場合では、改善率が72.7%という結果も報告されているため、ある程度の期間使用すればさらに効き目が強まることも予想されます。ただし、市販のアレギサールは2週間を超えて服用する場合は医師や薬剤師い相談することになっているのでご注意ください。

メーカーからの情報以外でもアレギサールの調査結果を確認すると、アレギサールの花粉症の予防効果を確認している調査があります2)。この調査では、スギ花粉症の予防目的でアレギサールを使用する患者さんは、花粉が飛び始める日より2週間以上前からアレギサールを飲み始め、その効果を見ています。その結果によると、アレギサールにより花粉症の予防効果があった患者さんは、軽度の効果があった人まで含めると80%以上の人に予防効果(花粉が飛散中も症状が軽減されるなど)があったことが示されています。この調査では実際に予防効果を確認した患者さんは35人と少人数での調査となりますが、8割以上の人に予防効果があるというのは非常に心強い結果ですね。

このようにアレギサールは実際の花粉症などの患者さんに対して使用している実績が示されており、その結果からは花粉症に対するある程度の効果と、予防に対しても効き目が強いことが予想されます。

アレギサールの副作用と注意点

アレギサールの副作用や注意点についても確認していきましょう。

まず花粉症の薬に多い眠気の副作用ですが、アレギサールでは頻度としてはあまり高くありません。基本的にはあまり眠くなるということは心配しなくて大丈夫でしょう。

それ以外には腹痛や吐き気、発疹などの副作用が報告されています。いつもと違うような症状が現れた場合は副作用の可能性があるので、使用を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。

それ以外にもアレギサールの注意点として、妊娠している人、授乳中の人は使用できない点、15歳未満の小児も使用できない点などに注意しましょう。

アレギサールの値段と価格

痰に対して効果の期待できるストナ去痰カプセルですが、値段や価格はどの程度なのでしょうか。

製薬会社のメーカー希望小売価格は以下の通りです。
アレギサール鼻炎
30錠・・・ 1,886円

おわりに

今回は花粉症の予防におすすめの市販薬アレギサールについて紹介してきました。花粉症の薬は市販でも数多くの薬がありますが、予防に使用しやすいのは比較的少なく、アレギサールは有効な選択肢の一つです。用法用量をしっかりと確認し、薬の効果を最大限に引き出し花粉症の対策をしましょう。

薬を使用する際には必ず添付文書を確認し、決められた用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)