ワントラムの効果や副作用|腰痛などへの強さや吐き気の頻度、薬価、処方制限も

ワントラムの特徴、効果、使い方、副作用、飲み合わせ、授乳中の使用、妊娠中の使用、薬価、ジェネリック、市販での購入等について添付文書等から解説していきます。

ワントラムの特徴

ワントラムはトラマドールを成分として含み、腰痛などを含めた各種の痛みに対して効果がある薬です1)ワントラム錠100mg 添付文書

ワントラムの特徴は作用の持続性であり、トラマドール塩酸塩の徐放性製剤として、1日1回経口投与でトラマドール塩酸塩カプセル(1日4回経口投与)と同等の血漿中濃度推移、薬物動態パラメータを示し、24時間血中濃度を維持するとされています2)ワントラム錠100mg インタビューフォーム

また、ワントラムは鎮痛効果の強さも特徴であり、オピオイド作用及びモノアミン増強作用により鎮痛作用を示す非麻薬指定の中枢性鎮痛薬です。一般的な鎮痛薬であるロキソニンやボルタレンなどのNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)とは異なる作用であり、その強さもより強力なものとなります。

オピオイド作用性の鎮痛薬では麻薬に分類される薬剤が多いですが、ワントラムは非麻薬性に分類される薬剤であり、非がん性の痛みに対しても使用される薬です。

ワントラムはトラマールと同じ成分

ワントラムと同じくトラマドールの成分を含む鎮痛剤としてトラマールがあります。

ワントラムとトラマールの違いはその効果の持続性であり、ワントラムは1日1回の使用であるのに対し、トラマールは通常1日4回程度使用します。同じ成分であり効果は変わらないため、ワントラムの方が1日1回の使用で済む点はメリットと言えます。

また、薬の価格である薬価に関してもワントラムの方が費用が少なくなるケースが多いと考えられます。

トラマドールを1日100mg使用すると仮定するとワントラムではワントラム錠100mgを1錠となり、119.1円となります。トラマールではトラマールOD錠25mgが4錠となり、38.6×4=154.4円の計算となり、ワントラムの方が低い薬価となります。

ワントラムの効果

ワントラムの効果は癌に対する鎮痛と、腰痛なども含めた慢性的な痛みに対して認められています。

ワントラムの効能効果の詳細は以下の通りです。


非オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記における鎮痛
疼痛を伴う各種癌
慢性疼痛

ワントラム錠100mg 添付文書


ワントラムの作用機序

ワントラムの作用機序はオピオイド受容体への作用による上行伝導路の抑制、ノルアドレナリン、セロトニンの再取り込み阻害による下行抑制路の活性化によるものです3)ワントラム錠100mg 添付文書

オピオイド受容体への作用は興奮性伝達物質の放出抑制につながり、鎮痛効果を示します。下行抑制路は痛みの抑制に関わる神経であり、セロトニンやノルアドレナリンの作用が関連しているため、再取り込みを阻害することで鎮痛効果が得られます。

ワントラムの効果時間

ワントラムの効果時間の参考になるデータとして、神経障害性疼痛モデルラットに対する動物実験の結果があり、鎮痛作用のピーク時間は腹腔内投与後の40〜50分後という結果が得られています4)ワントラム錠100mg インタビューフォーム。この結果は腹腔内投与によるものであり、ワントラム錠を服用した場合とはやや薬物動態が異なりますが、比較的速い効果発現時間が期待できる結果と考えられます。

また、効果持続時間については薬物動態を確認した試験で、1日1回経口投与でトラマドール塩酸塩カプセル(1日4回経口投与)と同等の血漿中濃度推移、薬物動態パラメータを示し、24時間血中濃度を維持することが確認されています5)ワントラム錠100mg 添付文書。したがって、ワントラムは1日1回の使用で一日中効果が持続することになります。

ワントラムの実際の効果と強さ|腰痛などへの効果

ワントラムなどのオピオイド系の鎮痛効果はロキソニンやボルタレンと言った一般的な痛み止めであるNSAIDsよりも作用が強いとされており、また、ワントラムの実際の痛みに対する効果は臨床試験にて確認されています。

臨床試験結果の一例として、各種疾患(変形性関節症、腰痛症、関節リウマチ、脊柱管狭窄症、 帯状疱疹後神経痛、有痛性糖尿病性神経障害、複合性局所疼痛症候群、線維筋痛症)に伴う慢性疼痛を有し、非オピオイド鎮痛剤 (NSAIDs、プレガバリン他)の経口投与により十分な鎮痛効果が得られない患者171例を対象とした試験結果では、ワントラムを1日1回、100~400mgの範囲で適宜増減して最長52週投与し、痛みの指標となるVAS値の平均値が、投与前の61.4mmに対して、6週後には30.8mm に低下し、その後52週までほぼ一定の値で推移した6)ワントラム錠100mg 添付文書、とされています。

この結果からは、NSAIDsで抑えきれない痛みに対してもより強い効果を発揮し、腰痛などの慢性的な痛みに対しても効果を発揮することが想定されます。

ワントラムの使い方

ワントラムは1回に1〜3錠を1日1回使用するのが一般的な使い方です。

ワントラムの効能効果の詳細は以下の通りです。


通常、成人にはトラマドール塩酸塩として100~300mgを1日1回経口投与する。なお、症状に応じて適宜増減する。ただし、1日400mgを超えないこととする。

ワントラム錠100mg 添付文書


ワントラムの処方制限は2016年6月より解除

ワントラムは比較的新しい薬剤であり、以前は処方制限(1回14日分まで)がありましたが、この処方制限は2016年6月に解除されており、現在は14日よりも長い日数を処方することが可能となっています。

新医薬品は厚生労働省告示第97号(平成20年3月19日付)に基づき、通常は薬価収載後1年を経過する月の末日までは、1回14日分までの処方が限度とされています。ワントラムは2015年5月20日に薬価収載されており、2016年の5月末までが処方制限の対象でしたが、現在は処方制限の期間に該当しなくなったため、長期処方が可能となります。

ワントラムの副作用|便秘や吐き気に注意

ワントラムは比較的多種類の副作用が報告されている薬剤です。

慢性疼痛を対象とした試験では90.6%の頻度で何らかの副作用が認められており、主なものは、便秘(61.9%)、悪心(51.9%)、傾眠(28.2%)、嘔吐(22.6%)、浮動性めまい(18.4%)、口渇(6.5%)、食欲減退(5.7%)、頭痛(5.0%)であったとされています7)ワントラム錠100mg 添付文書

便秘はオピオイド受容体刺激による胃や小腸の蠕動運動の抑制が原因の一つと考えれ、悪心や嘔吐はドパミン遊離によるドパミン受容体刺激によることが原因の一つと考えられます8)副作用症状のメカニズム 虎の巻,  日経BP

吐き気(悪心)や嘔吐もよく見られる副作用の一つです。吐き気の主な原因はオピオイドがCTZ に豊富に発現しているμ受容体を刺激することにより起こり、活性化されたμ受容体がこの部位でのドパミン遊離を引き起こしてドパミンD2受容体が活性化されることにより、嘔吐中枢(vomiting center;VC)が刺激されることによります。投与初期や増量時に多く数日以内に耐性を生じ、症状が治まってくることが多いとされているため、耐えられる範囲であれば数日間様子を見ても良いでしょう9)がん疼痛の薬物治療に関するガイドライン

トラマールなどのオピオイドによる傾眠(眠気)は数日間で耐性ができることが多いため、こちらも耐えられる範囲であれば数日間様子を見ても良いでしょう10)がん疼痛の薬物治療に関するガイドライン

トラマールの頭痛の副作用も一定の頻度で見られる副作用の一つです。オピオイド系の鎮痛薬では頭痛の副作用は共通して報告があり、注意するべき副作用の一つと言えます。

ワントラムの飲み合わせ

ワントラムは他の薬との飲み合わせに関して、併用できないもの、併用に注意が必要な薬がいくつかあります11)ワントラム錠100mg 添付文書

エフピーなどのセレギリン塩酸塩を含むモノアミン酸化酵素阻害剤はワントラムとは併用できない薬(併用禁忌薬)として注意喚起されています12)ワントラム錠100mg 添付文書。併用禁忌の理由として錯乱、激越、発熱、発汗、運動失調、反射異常亢進、ミオクローヌス、下痢等の症状がでるセロトニン症候群などの副作用が報告されているためです。エフピーなどのモノアミン酸化酵素阻害剤を投与してからトラマールを使用する場合は14日の間隔、ワントラムを使用してからモノアミン酸化酵素阻害剤を使用する場合は2〜3日の間隔を空けることが推奨されています。

その他、併用に注意が必要なものは以下の通りです。

成分名等 代表的な薬剤
オピオイド鎮痛剤
中枢神経抑制剤
三環系抗うつ剤
セロトニン作用薬
アモキサン、ジェイゾロフト
リネゾリド ザイボックス
アルコール
カルバマゼピン テグレトール
キニジン
ジゴキシン
クマリン系抗凝血剤 ワーファリン
オンダンセトロン塩酸塩水和物 ゾフラン
ブプレノルフィン、ペンタゾシン等 ソレゴン、レペタン

上記のうち、特に注意したいものの一つとしてアルコールとの併用があります。ワントラムとアルコールは、併用禁忌(併用できない)ではないものの、併用注意とされており、一定の危険性が伴います。

ワントラムとアルコールが併用注意の理由として、ワントラムとアルコールが共に中枢神経系を抑制する作用を有しており、呼吸抑制が生じる可能性があるためとされています。

上記の理由からワントラムを使用中の場合は基本的にはアルコールを避けるようにし、お酒の席があるような場合は、予め医師と薬の使用について相談しておくなどするようにしましょう。

ワントラムの授乳中の使用

ワントラムは授乳中の使用する場合は基本的に授乳を中止するよう注意喚起されています。


授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止すること。[静脈内投与(国内未承認)の場合、0.1%が乳汁中に移行することが知られている。]

ワントラム錠100mg 添付文書


上記の注意喚起がされている理由として、ワントラムは乳汁中に移行することが確認されているためです13)ワントラム錠100mg インタビューフォーム

また、ワントラムは12歳未満の小児には使用しないよう注意喚起されており、母乳経由でも摂取しないほうが望ましいと考えられます。

実際に授乳中にワントラムを使用するかは、処方医の先生の判断が必要です。ワントラムに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は授乳中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

ワントラムの妊娠中の使用

ワントラムの妊娠中の使用に関しては、治療の有益性が危険性を上回る場合のみ使用と注意喚起されており、実際に使用するかは医師の判断となります。


妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊婦、新生児に対する安全性は確立されていない。また、胎盤関門を通過し、退薬症候が新生児に起こる可能性がある。なお、動物実験で、器官形成、骨化及び出生児の生存に影響を及ぼすことが報告されている。]

ワントラム錠100mg 添付文書


上記の注意喚起がされている理由として、ワントラムは胎盤を通過し、動物実験において、器官形成、骨化及び出生児の生存に影響することが確認されているためです14)ワントラム錠100mg インタビューフォーム

実際に妊娠中にワントラムを使用するかは、授乳中と同様に処方医の先生の判断が必要です。ワントラムに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は妊娠中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

ワントラムの薬価、ジェネリック

ワントラムの2016年4月改定(2018年3月まで)の薬価はワントラム錠100mgで1錠あたり119.1円となっています。

なお、ワントラムには現時点でジェネリック医薬品は販売されていません。

通常新薬は承認されてから一定の年数がたった後に再度審査を受ける必要があり、この期間を終えるまではジェネリック医薬品は販売されません。また、特許期間に該当する場合はその期間もジェネリック医薬品は販売できません。

ワントラムの再審査期間は2019年3月25日までとされており、これまでの期間はジェネリック医薬品は販売されません。

ワントラムの市販での購入

ワントラムの成分であるトラマドールを含んだ薬は市販で買うことはできません。また、ワントラムと同系統の成分も市販薬として販売されていません。

ワントラムの成分は痛み止めの中でも非常に効果が強く特別な知識が必要な成分であり、市販薬として販売される可能性は今後も高くないと言えます。

ワントラムの成分を使用したい場合は市販ではなく、必ず医師の適切な診察を受けた上で処方してもらうようにしましょう。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

出典・引用・参考文献   [ + ]

1. ワントラム錠100mg 添付文書
2. ワントラム錠100mg インタビューフォーム
3. ワントラム錠100mg 添付文書
4. ワントラム錠100mg インタビューフォーム
5. ワントラム錠100mg 添付文書
6. ワントラム錠100mg 添付文書
7. ワントラム錠100mg 添付文書
8. 副作用症状のメカニズム 虎の巻,  日経BP
9. がん疼痛の薬物治療に関するガイドライン
10. がん疼痛の薬物治療に関するガイドライン
11. ワントラム錠100mg 添付文書
12. ワントラム錠100mg 添付文書
13. ワントラム錠100mg インタビューフォーム
14. ワントラム錠100mg インタビューフォーム
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)