ミオナールの効果や副作用|肩こりや腰痛への効果、頭痛や眠気の副作用も

ミオナールの特徴、効果、使い方、副作用、飲み合わせ、授乳中・妊娠中の使用、薬価、ジェネリック、市販での購入などについて添付文書等から確認していきます。

ミオナールの特徴

ミオナールはエペリゾンを成分として含む筋緊張改善剤であり、肩こりや腰痛などに効果がある薬です1)

ミオナールは中枢神経系と血管平滑筋の双方に作用して骨格筋緊張緩和作用と血管拡張・血流増加作用を発揮し、多面的に骨格筋での悪循環を断ち、肩こり・頸部痛、頭痛、腰痛、手足のつっぱり・こわばりなどの筋緊張症候を改善するとされています2)

また、その作用は比較的マイルドであるため、高齢者にも使いやすいという特徴もあります3)

ミオナールにはエペリゾンの成分を50mg含む錠剤のミオナール錠50mgと、粉薬であるミオナール顆粒10%が販売されています。

1) ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% 添付文書
2) ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% インタビューフォーム
3) Pocket Drugs 2017, 医学書院

ミオナールとデパス

ミオナールと同様に筋緊張に使われる薬としてデパスもありますが、ミオナールとデパスは作用の仕方が少し異なります。

ミオナールは脊髄からのシグナルを抑制することで筋緊張を和らげますが、デパスはGABA受容体への作用を介し抗不安、鎮静効果の他、筋緊張緩解作用も発揮します。

ミオナールとデパスは作用機序が異なるため、併用されるケースもありますが、デパス自体は向精神薬に分類され取り扱いに注意が必要な薬であるため、自己判断での併用はさけるようにしましょう。

ミオナールの効果

ミオナールは頸肩腕症候群(肩こり)、肩関節周囲炎(五十肩)、腰痛症の他、痙性麻痺にも効果がある薬です。

ミオナールの効能効果の詳細は以下の通りです。

下記疾患による筋緊張状態の改善
頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、腰痛症

下記疾患による痙性麻痺
脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、筋萎縮性側索硬化症、脳性小児麻痺、脊髄小脳変性症、脊髄血管障害、スモン(SMON)、その他の脳脊髄疾患

ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% 添付文書

ミオナールの作用機序

ミオナールの作用機序は脊髄における筋緊張シグナルの抑制による筋緊張の緩和です。

筋肉の緊張は脳から脊髄を経由し各組織にシグナルが伝わりますが、ミオナールは主に脊髄レベルで作用し、筋肉の緊張を抑制し、肩こり、五十肩、腰痛などに効果を示します。また、血管にも作用し血管拡張、血流増加の作用も認められています。

ミオナールの効果時間

ミオナールの効果時間の参考となるデータとして、いくつかの臨床試験の結果があります。

骨格筋の緊張亢進の緩和を確認する目的のⅠa線維活動(筋紡錘の過敏性)に対する抑制作用を確認した試験では、求心性神経(Ⅰa線維)の活動を投与後20分で抑制することが確認されており、また、血管拡張作用を確認する目的の安静仰臥時の筋交感神経活動に対する抑制作用を確認した試験では、プラセボ(偽薬)投与群と比較して、投与後30〜50分において統計学的に有意に抑制していることが確認されています2)

2) ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% インタビューフォーム

ミオナールの実際の患者に対する効果

ミオナールの実際の患者さんに対する効果は臨床試験において確認されています。

頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、腰痛症の肩こり、腰痛などの症状に対しては、52.1%(やや改善以上を含めると80.4%)の有効率が確認されています。また、痙性麻痺に関しては、脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症等に対して有用性が認められており、つっぱり、こわばりに対する改善率はそれぞれ42.3%、45.1%であった、とされています1)

1) ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% 添付文書

ミオナールの使い方

ミオナールは1回1錠を1日3回、食後に使用するのが一般的な使い方です。

ミオナールの用法用量の詳細は以下の通りです。

錠50mg:
通常成人には1日量として3錠(エペリゾン塩酸塩として150mg)を3回に分けて食後に経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

顆粒10%:
通常成人には1日量として1.5g(エペリゾン塩酸塩として150mg)を3回に分けて食後に経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% 添付文書

ミオナールの副作用|頭痛や眠気の報告も

ミオナールは全体で3.38%の副作用頻度とされており、0.1%以上の頻度とされているものが、悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢、便秘、口渇などの消化器症状、脱力感、ふらつき、全身倦怠感の全身症状、発疹などの過敏症、眠気、不眠、頭痛、四肢のしびれの精神神経症状、その他、ほてりがあります1)

頭痛に関してはミオナールで抑制の効果が期待できる一方、副作用としても報告があり、ミオナールの使用が適している頭痛がどうかは医師による慎重な判断が必要と言えます。

また、薬の副作用の定番と言える眠気に関しては、ミオナールでも報告があり、その頻度は累計で0.19%(傾眠)とされています2)。眠気の副作用は高頻度とは言えないものの、ミオナールは緊張を緩和する薬であり、重要な基本的注意としても注意喚起されており、使用中は十分に注意が必要となります。

重要な基本的注意

本剤投与中に脱力感、ふらつき、眠気等が発現することがあるので、その場合には減量又は休薬すること。なお、本剤投与中の患者には自動車の運転など危険を伴う機械の操作には従事させないように注意すること。

ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% 添付文書

1) ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% 添付文書
2) ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% インタビューフォーム

ミオナールの飲み合わせ

ミオナールは飲み合わせに注意が必要な薬としてメトカルバモールの成分を含む薬が挙げられています1)

メトカルバモールを含む薬には、ミオナールと同じく肩こり、腰痛などに使用されるロバキシン顆粒があります。注意喚起されている理由としては、メトカルバモールの類似薬であるトルペリゾン塩酸塩で、眼の調節障害があらわれたとの報告があるためです。

併用が禁止されているわけではありませんが、同時に使用する場合には十分に注意が必要となります。

メトカルバモール以外では飲み合わせに注意喚起されている薬はなく、鎮痛薬のロキソニンなどとも作用機序が異なるため、併用できる組み合わせとなります。

1) ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% 添付文書

ミオナールの授乳中の使用

ミオナールは授乳中に使用する場合は基本的に授乳を中止するよう注意喚起されています。

授乳中の婦人に投与することは避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合には、授乳を避けさせること。
〔動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている。〕

ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% 添付文書

上記の注意喚起がされいる理由として、動物実験においてミオナールの成分が乳汁中へ移行することが確認されているためです2)

実際に授乳中にミオナールを使用するかは処方医の先生の判断が必要です。ミオナールに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は授乳中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

2) ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% インタビューフォーム

ミオナールの妊娠中の使用

ミオナールの妊娠中の使用に関しては、治療の有益性が危険性を上回る場合のみ使用と注意喚起されており、実際に使用するかは医師の判断となります。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
〔妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。〕

ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% 添付文書

上記の注意喚起がされている理由として、妊娠中における使用の安全性が明確に確認されていない点が挙げられます。

なお、動物実験では、生殖発生毒性試験の周産期・授乳期投与試験において新生児に軽度の発育遅延を認めた以外には特別なリスクは確認されていません2)

実際に妊娠中にミオナールを使用するかは、授乳中と同様に処方医の先生の判断が必要です。ミオナールに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は妊娠中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

2) ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% インタビューフォーム

ミオナールの薬価、ジェネリック

ミオナールの2016年4月改定(2018年3月まで)の薬価はミオナール錠50mgで1錠あたり17.1円、ミオナール顆粒10%で1gあたり42.2円とされています。

ミオナール錠にはジェネリック医薬品(後発品)があり、エペソ錠、サンバゾン錠、ミオナベース錠、ミオリラーク錠、アチネス錠、エペリゾン塩酸塩錠などの販売名で販売されています。これらの薬価は5.6〜7.3円となっており、ミオナールよりも安価な薬価となっています。

ミオナールの市販での購入

ミオナールの成分を含む薬は市販では購入することができません。また、ミオナールと比較的成分が近いものや、代替となるような薬も市販では買うことはできません。

ミオナールは中枢神経にも作用する薬であり、必ず医師の適切な診察を受けて処方してもらうようにしましょう。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)