カロナールの風邪に対する効果は|鼻水や喉の痛みは治る?何錠使用するかについても

カロナールの風邪への使用について確認していきます。

カロナールの特徴と風邪の使用

カロナールはアセトアミノフェンの成分を含む解熱鎮痛剤であり、頭痛や歯痛、風邪などに使用される薬です1)カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/112429_1141007F1063_4_02.pdf

カロナールの特徴として、解熱鎮痛剤の中でも特に安全性が高く、小児でも安全に使用できる薬です。ロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と比較し、消化性潰瘍の発生が少なく2)Pocket Drugs 2017, 医学書院、胃に負担がかかりにくい特徴もあります。

また、カロナールの成分であるアセトアミノフェンはインフルエンザの発熱に対しても解熱剤として使われることがあり、日本小児科学会からもインフルエンザでの解熱で使用が推奨されています。

カロナールは一般的な風邪に対しても使用されることが多く、カロナールの成分であるアセトアミノフェンは、多くの市販の風邪薬にも含まれています。

カロナールで風邪は治る?

注意点として、カロナール自体は風邪を治す薬ではありません。風邪の原因はほとんどがウイルスによるものですが、カロナールにはウイルスを治療する効果はなく、原因療法の薬剤はありません。風邪に伴う発熱、頭痛や喉の痛みなどの症状に対する対症療法の薬であることに留意する必要があります。

風邪を治すのはあくまで体に備わる免疫であり、カロナールを使用したからといって風邪がよくなるわけではないため、薬の使用にかかわらず安静にしたり体力を補うことが重要となります。

カロナールの効果のある症状は|鼻水や喉には?

カロナールは解熱鎮痛薬であり、風邪に伴う症状のうち、発熱、頭痛、喉・関節のなどの痛みに対して効果がある薬です。風邪に伴う鼻水、咳、痰に対しては効果はない点に注意しましょう。

鼻水、咳、痰などの症状に対しては場合は抗アレルギー剤、鎮咳薬、去痰薬が併せて処方されるのが一般的です。

カロナールの風邪への用量|何錠使用する?

カロナールを風邪などの上気道炎に対して使用する場合、1回300~500mgを頓服で使用するのが一般的な使い方です。また、15歳未満の小児の場合は体重1kgあたり1回10~15mgを経口投与するのが一般的です。

15歳以上の成人の場合、カロナール錠500およびカロナール錠300では1回1錠、カロナール錠200では1回1〜2錠を使用し、1日の回数は2回から多くても3回まで、間隔は4〜6時間以上空けるのが一般的です。

15歳未満の小児の場合は体重ごとに1回量が変わり、錠剤は10kg以下の子供ではあまり使用するケースがありません。10kgでは1回あたりカロナール錠200を半錠、20kgではカロナール錠200を1〜1.5錠、もしくはカロナール錠300を1錠、30kgではカロナール錠200を1.5〜2錠、カロナール錠300では1錠使用するのが一般的な使い方です。

細粒剤は20%細粒と50%細粒で用量が異なってくるため注意が必要です。細粒剤とシロップ剤も体重によって量が決められるため、医師から処方された通りの量を使用するようにしましょう。

錠剤の使用量

体重 1回用量
成分 錠200 錠300 錠500
10kg 100-150mg 0.5錠
20kg 200-300mg 1-1.5錠 1錠
30kg 300-450mg 1.5-2錠 1錠

細粒剤、シロップ剤の使用量

体重 1回用量
成分 細粒20% 細粒50% シロップ2%
5kg 50-
75mg
0.35-
0.375g
0.1-
0.15g
2.5-
3.75mL
10kg 100-
150mg
0.5-
0.75g
0.2-
0.3g
5.0-
7.5mL
20kg 200-
300mg
1.0-
1.5g
0.4-
0.6g
10.0-
15.0mL
30kg 300-
450mg
1.5-
2.25g
0.6-
0.9g
15.0-
22.5mL

カロナールの風邪に対する実際の効果

カロナールの風邪に対する効果として、実際の患者さんに対する使用で確認されており、発熱に対する解熱効果の有効率は71.4%(15/21例)、び頭痛、耳痛、咽頭痛などの痛みに対する鎮痛効果の有効率は70.6%(24/34例)であった、とされています3)カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/112429_1141007F1063_4_02.pdf

また、効果がでるまでの時間、効果が持続する時間として、歯痛、抜歯後疼痛に対してカロナールを使用した結果があり、15分後に効果が出てた人が37.5%、30分後に効果が出てた人が68.8%、60分後には87.5%という内容であり、7割近くの人が飲んでから30分経てば効果が実感できることなります。効果持続時間に関しては痛みの再発が見られた人が48%であり、その再発時間から推測した鎮痛効果の持続時間は2〜6時間とされているため、2〜6時間は効果が持続すると考えられます4)カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/112429_1141007F1063_4_02.pdf

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

出典・引用・参考文献   [ + ]

1. カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/112429_1141007F1063_4_02.pdf
2. Pocket Drugs 2017, 医学書院
3. カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/112429_1141007F1063_4_02.pdf
4. カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/112429_1141007F1063_4_02.pdf
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)