ソルベガの効能やステロイドの強さ|虫刺さされややけどの使用、顔やにきびの使用は

ソルベガ軟膏、ソルベガクリームについて効能効果、ステロイドの強さ、使い方などについて添付文書等から解説していきます。

ソルベガの特徴、ステロイドの強さ

ソルベガ軟膏、ソルベガクリームはクロベタゾールプロピオン酸エステルを成分とした抗炎症作用のあるステロイドの塗り薬です1)ソルベガクリーム0.05%/ソルベガ軟膏0.05% 添付文書

ソルベガの特徴はステロイド外用剤の中でも非常に強い作用がある点です。

ソルベガのステロイドの強さ

ソルベガ軟膏、ソルベガクリームのステロイドの強さは、上から一番目のⅠ群(strongest)に分類され、最も効果が強いステロイド外用剤のひとつです。

ソルベガを含めたステロイドの外用剤は、その効果の強さによりⅠ〜Ⅴ群(strongest、verystorong、storong、mild、weak)に分類されます。Ⅰ群が効果が最も強く、Ⅴ群が最も効果が弱い分類となります。

ソルベガには軟膏、クリームがあり用途によって使い分けをします。軟膏、クリームの使い分けと使用感はおおよそ以下の通りとなります。

剤型 メリット デメリット 向いているケース
軟膏 保湿性が高く、刺激が少ない ベタベタし使用感がイマイチ 傷があったり、ジュクジュクしている部分
クリーム 軟膏よりもベタつかず、吸収も良い 軟膏よりも効果が低い可能性、刺激を感じることも 乾燥している部分、皮膚が厚い部分

ソルベガはジェネリック|先発はデルモベート

ソルベガ軟膏、ソルベガクリームはジェネリック医薬品に分類される薬であり、同じクロベタゾールプロピオン酸エステルを成分とする外用剤にデルモベートがあります。デルモベートはソルベガの先発の医薬品となり、ソルベガとデルモベートの違いは、先発医薬品であるかジェネリック医薬品であるかということになります。

薬価はジェネリック医薬品であるソルベガの方が安く設定されており、2018年4月改定の薬価では軟膏とクリームでは1gあたり20.9円という価格が設定されています。一方、先発の薬であるデルモベートは1gあたり24.5円であり、ソルベガの方が経済的と言えます。

ソルベガの効能効果|湿疹や虫さされなど

ソルベガ軟膏、ソルベガクリームは主に湿疹やかぶれなどの皮膚炎、虫さされに対する効能を有する薬です。

ソルベガの効能効果の詳細は以下の通りです。

湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、日光皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、掌蹠膿疱症、乾癬、虫さされ、薬疹・中毒疹、ジベルばら色粃糠疹、慢性円板状エリテマトーデス、扁平紅色苔癬、紅皮症、肥厚性瘢痕・ケロイド、 肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、アミロイド苔癬、天疱瘡群、類天疱瘡(ジューリ ング疱疹状皮膚炎を含む)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、円形脱毛症(悪性を含む)

ソルベガクリーム0.05%/ソルベガ軟膏0.05% 添付文書

ソルベガはやけどにも

ソルベガ軟膏、ソルベガクリームはやけどの後の肥厚性瘢痕・ケロイドなどにも効果があります。

ただし、第2度深在性以上の熱傷・凍傷に対しては禁忌とされているため、自己判断でやけどに使用するようなことは避けましょう。

ソルベガの実際の効果|虫さされやけどには

ソルベガ軟膏、ソルベガクリームの実際の患者さんに対する効果として参考となるのが、同じ成分を含む先発医薬品のデルモベートの臨床試験結果があります2)デルモベート軟膏0.05%/ デルモベートクリーム0.05% 添付文書

例として虫さされには100%の有効率、やけどの肥厚性瘢痕・ケロイドには63.7%の有効率などが確認されています。

疾患名 使用期間(日) 有効率%
(有効症例数
/症例数)
:軟膏
有効率%
(有効症例数
/症例数)
:クリーム
有効率%
(有効症例数
/症例数)
:合計
湿疹・皮膚炎群注1) 2~56 95.4
(377/395)
96.7
(321/332)
96.0
(698/727)
痒疹群注2) 5~35 81.3
(26/32)
80.5
(33/41)
80.8
(59/73)
掌蹠膿疱症 5~56 90.4
(47/52)
92.6
(50/54)
91.5
(97/106)
乾癬 2~35 98.7
(147/149)
95.4
(144/151)
97.0
(291/300)
虫さされ 2~24 100.0
(20/20)
100.0
(20/20)
100.0
(40/40)
薬疹・中毒疹 2~24 100.0
(21/21)
92.9
(26/28)
95.9
(47/49)
ジベルばら色粃糠疹 2~24 100.0
(20/20)
95.5
(21/22)
97.6
(41/42)
慢性円板状エリテマトーデス 14~56 95.2
(20/21)
81.8
(18/22)
88.4
(38/43)
扁平紅色苔癬 14~56 95.8
(23/24)
87.0
(20/23)
91.5
(43/47)
紅皮症 14~56 96.7
(29/30)
90.0
(18/20)
94.0
(47/50)
肥厚性瘢痕・ケロイド 14~56 65.3
(32/49)
61.9
(26/42)
63.7
(58/91)
肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫) 14~56 81.3
(13/16)
84.2
(16/19)
82.9
(29/35)
アミロイド苔癬 14~56 93.8
(15/16)
100.0
(16/16)
96.9
(31/32)
天疱瘡群 14~56 100.0
(14/14)
80.0
(8/10)
91.7
(22/24)
類天疱瘡(ジューリング疱疹状皮膚炎を含む) 14~56 92.3
(12/13)
100.0
(8/8)
95.2
(20/21)
悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む) 14~56 71.4
(10/14)
100.0
(7/7)
81.0
(17/21)
円形脱毛症(悪性を含む) 21~63 73.1
(19/26)
75.8
(25/33)
74.6
(44/59)

ソルベガはヘルペスや水虫には基本的に使用しない

ソルベガ軟膏、ソルベガクリームに含まれる成分はステロイドであり、ウイルスの感染に対しては基本的に効果は期待できません。

ヘルペスなどもウイルスが原因の感染症であり、ソルベガには適さない皮膚疾患です。医師から特別に指示された場合を除き、自己判断で使用することはやめましょう。

その他、皮膚の疾患の代表的なものにかゆみを伴う水虫がありますが、基本的にソルベガの成分は水虫の原因には効果がありません。ステロイドによって免疫が低下して逆に悪化するような可能性もあり、ソルベガは積極的に水虫に使用する薬でありません。ソルベガを自己判断で水虫に使用するのは避けましょう。

ソルベガはニキビにはあまり使用しない

ニキビに対しては基本的にはソルベガ軟膏、ソルベガクリームの効能には含まれません。炎症を鎮める目的で効果があるケースも中にありますが、ステロイド外用剤には一般的に痤瘡様疹(ニキビのような状態)の副作用の可能性が知られており、ニキビが悪化してしまうケースもあります。また、ソルベガは非常に強いステロイドであるため、基本的に顔に使うケースはほとんどありません。自己判断で顔のニキビに使用することは避けましょう。

ソルベガの使い方

ソルベガは1日数回患部に塗って使用します。

ソルベガ軟膏、ソルベガクリームの用法用量の詳細は以下の通りです。

通常1日1~数回適量を塗布する。なお、症状により適宜増減する。

ソルベガクリーム0.05%/ソルベガ軟膏0.05% 添付文書

ソルベガは顔や陰部などにはあまり使用しない

ソルベガは比較的皮膚が厚い部分(腕、脚、背中など)に使用することが多いステロイドであり、陰部などの粘膜は薬の吸収率が高くなるため、ソルベガのような作用の強いステロイドはあまり使用されません。

医師から指示されているケースを除き、自己判断でソルベガを顔や陰部などのデリケートな部分に使用するのは避けるようにしましょう。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

出典・引用・参考文献   [ + ]

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)