熱、頭痛、痛み、炎症

モーラステープの効果や成分、薬価やジェネリックについても解説

モーラステープの成分や薬価、ジェネリック医薬品、同成分の市販薬、授乳中の使用、かぶれなどの副作用について添付文書などから確認していきます。

モーラステープの成分と効果

モーラステープは成分としてケトプロフェンを含む痛み止めの貼り薬です。
以下のような効能効果を持っており、様々な痛みに使用される薬です。

○下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
腰痛症(筋・筋膜性腰痛症、変形性脊椎症、椎間板症、腰椎捻挫)、変形性関節症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛
○関節リウマチにおける関節局所の鎮痛

モーラステープ20mg/モーラステープL40mg 添付文書

モーラステープの成分ケトプロフェンはCOXを阻害

モーラステープの成分であるケトプロフェンはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素を阻害することにより、プロスタグランジンという痛みを生み出す物質の合成を阻害します。

モラーステープの効果の割合

モーラステープは様々痛みに対して60〜90%の中等度以上の改善を示し、軽度改善まで含めると80〜100%の改善率という結果が得られています。
モーラステープは1日1回の使用で非常に高い効果が期待出来ると言えます。

疾患名 使用量 中等度
改善以上
軽度
改善以上
 腰痛症  2枚  63.0%  89.8%
 変形性関節症  1枚  68.0%  93.4%
 肩関節周囲炎  1枚  61.1%  86.3%
 腱・腱 鞘炎  1枚  69.4%  83.3%
 腱周囲炎  1枚  75.0%  100%
 上腕骨上顆炎  1枚  72.1%  88.4%
 筋肉痛  1〜2  90.7%  97.3%
 外傷後の腫脹・疼痛  1〜2  83.3%  97.6%

モーラステープ20mg/モーラステープL40mg 添付文書

モーラステープの薬価とジェネリック

モーラステープの薬価はモーラステープ20mgで1枚あたり26.2円、モーラステープL40mgで1枚あたり40.1円と成っています。
モーラステープは同じ成分のジェネリック医薬品が発売されており、ケトプロフェンテープやタッチロンテープ、パテルテープ、フレストルテープなどの製品名で販売されています。それぞれ薬価が20mgテープでは薬価が12.1円、40mgでは16.8円となっているため、ジェネリック医薬品にすることで薬自体は半額程度の価格で購入できるケースがあります。

モーラステープの市販薬

モーラステープの市販薬は現在は販売されておりません。ただし、モーラステープの成分であるケトプロフェンを含んだ湿布剤はオムニードケトプロフェンパップという製品名で販売されています。詳細は以下の記事を参照ください。
モーラステープを市販で入手する方法は?処方箋なしで買えるか、同じ成分の市販薬は?

モーラステープの授乳中の使用

モーラステープは授乳婦に対して「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用すること。」という注意喚起がされており、推奨されていません。授乳中の場合はかならず医師に相談し、自己判断でモーラステープを使用することは避けるようにしましょう。

モーラステープのかぶれなどの副作用

モーラステープの副作用として最も頻度が高いとされているのが接触性皮膚炎、いわゆるかぶれです。かぶれに関しては皮膚が弱い人などは不可抗力のケースもありますが、皮膚を清潔に保って使用することや、毎回貼る場所を少し変えることなどで多少は予防することが可能です。
その他にモーラステープの注意するべき副作用として光線過敏症が挙げられます。光線過敏症はモーラステープを貼った部分が紫外線に当たることにより痒みや赤み、発疹、刺激感などの症状がでる副作用です。時に重症化するケースがあり、モーラステープを使用した部位は1ヶ月程度は日に当てないように注意が必要となります。
薬を使用する際には必ず添付文書を確認し、決められた用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。
今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。