ロキプロナールの効果や時間、用法|ロキソニンとの違い、生理痛や頭痛、授乳中や子供の使用も

ロキプロナールの効果、時間、生理痛や頭痛への使用、用法、子供の使用、副作用、飲み合わせ、ロキソニンとの違い、授乳中の使用などについて添付文書等から解説していきます。

ロキプロナールの特徴と効果

ロキプロナール錠60mgはロキソプロフェンを成分として含む解熱鎮痛剤であり、非ステロイド性抗炎症薬(NDAIDs)の一つに分類される薬です。

歯痛や腰痛、肩こりといった痛みに対する効果のほか、風邪などに伴う痛みや熱に対しても効果がある薬です1)ロキプロナール錠60mg 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/270139_1149019F1501_1_07.pdf

ロキプロナールの効能効果の詳細は以下のとおりです。

1. 下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛
2. 手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎
3. 下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

ロキプロナール錠60mg 添付文書

ロキプロナールの作用機序

ロキプロナール錠60mgの成分であるロキソプロフェンはシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害することによって痛みや熱の元となるプロスタグランジンという物質の産生を阻害します。

この作用によってロキプロナールは解熱鎮痛作用を発揮します。

ロキプロナール錠60mgの効果と時間

ロキプロナール錠の効果時間の参考になるデータとして、同じロキソプロフェンを成分とするロキソニンのデータが参考になります。

手術後・外傷後疼痛に対するロキソニンの効果を調べた調査では、鎮痛効果は、15 分以内に 20%、30 分以内 には 54%の人で認められたということが確認されています2)ロキソニン錠60mg インタビューフォーム

また、効果の持続時間は、ロキソニンを使用した抜歯、小手術後の疼痛発症患者の効果持続時間は平均7.0時間、口腔外科小手術患者の術後疼痛ではロキソニンを服用後、5-6時間後に疼痛が再燃したものが最も多かったと報告されています3)第一三共株式会社 medical library

ロキプロナールの実際の患者に対する効果は

ロキプロナールはジェネリック医薬品であるため、実際の人に対する効果を臨床試験などで確認した報告はありません。

この点に関しても同じロキソプロフェンの成分を含むロキソニンの結果が参考となります。

ロキソニンを各疾患をもつ実際の患者さんに使用した臨床試験のうち、二重盲検比較試験の結果を取り上げると、やや有効以上では、腰痛症には77.1%、肩関節周囲炎(五十肩)には85.2%、頸肩腕症候群(肩こり)には88.9%、急性上気道炎(風邪など)には89.4%などの有効性が確認されています4)ロキソニン錠60mg 添付文書

疾患名 有効率(%)
有効以上
有効率(%)
やや有効以上
関節リウマチ 22/95(23.2) 53/95(55.8)
変形性関節症 68/110(61.8) 96/110(87.3)
腰痛症 52/83(62.7) 64/83(77.1)
肩関節周囲炎 35/61(57.4) 52/61(85.2)
頸肩腕症候群 39/63(61.9) 56/63(88.9)
手術後・外傷後 83/109(76.1) 104/109(95.4)
抜歯後 160/178(89.9) 173/178(97.2)
急性上気道炎 178/255(69.8) 228/255(89.4)

ロキプロナールは頭痛や生理痛に効くか

ロキプロナールの効能効果として、頭痛生理痛に関しては明記されていません(風邪の頭痛を除く)。ロキプロナールを自己判断で頭痛や生理痛には使用しないようにしましょう。

ただし、その作用機序からは実際には頭痛や生理痛に対しても効果があることが予想されます。ロキプロナールの成分であるロキソプロフェンは前述の通り、シクロオキシゲナーゼという酵素を阻害することによって痛みや熱の元となるプロスタグランジンという物質の産生を阻害し、解熱鎮痛作用を発揮しますが、頭痛や生理痛においてもプロスタグランジンが関連しているため、効果があると考えられます。

なお、市販薬でロキソプロフェンを成分として含んでいるロキソニンSなどはその効能効果として頭痛生理痛が明記されています。

○頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
○悪寒・発熱時の解熱

ロキソニンS 添付文書

ロキプロナールの用法・使い方

ロキプロナールの使い方は疾患によって異なるケースがあります。

通常は1回1錠使うケースが多いですが、歯痛などの痛みに対して屯用(症状が出ているときに使用)の場合は2錠まで使用できることがあります。この点は医師からの指示に従うようにしましょう。

また、ロキプロナールは胃が荒れることがある薬の一つです。基本的に空腹時の服用はさけ、多めの水で服用するように心がけましょう。

ロキプロナールの疾患ごとの用法用量の詳細は以下の通りです。

1.下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
関節リウマチ,変形性関節症,腰痛症,肩関節周囲炎,頸肩腕症候群,歯痛

2.手術後,外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎

通常,成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mg,1日3回経口投与する.頓用の場合は,1回60~120mgを経口投与する.
なお,年齢,症状により適宜増減する.また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい.

3.下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

通常,成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mgを頓用する.
なお,年齢,症状により適宜増減する.ただし,原則として1日2回までとし,1日最大180mgを限度とする.また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい.

ロキプロナール錠60mg 添付文書

ロキプロナールの子供への使用

ロキプロナールは15歳未満の子供が使用することを想定している薬ではなく、15歳未満の子供での使用は推奨されません。ただし、薬は15歳以上は成人と同じ量で使用されるため、15歳以上であれば問題はありません。

15歳未満の場合は医師から特別に処方される場合を除き、自己判断ではロキプロナールは使用しないようしましょう。

なお、15歳未満の小児に対しては使用経験が少ないため、安全性が確保されていない旨が製薬会社からも注意喚起されています。

7. 小児等への投与
低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。

ロキプロナール 添付文書

ロキプロナールの副作用

ロキプロナールはジェネリック医薬品であるため、副作用の頻度が明確になるような調査は実施されていません。副作用についてもロキプロナールの先発医薬品であるロキソニンのデータが参考となります。

ロキソニンの主な副作用は消化器症状(胃部不快感、腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振等)が2.25%、浮腫・むくみが0.59%、発疹・蕁麻疹等が0.21%、眠気が0.10%などとされています5)ロキソニン錠60mg 添付文書

上記の通り、ロキソニンで最も頻度が高いとされている副作用が胃部不快感などの消化器症状であり、これらを防ぐためにも、空腹時の服用を避ける点、多めの水で服用する点などを心がけるようにしましょう。

ロキプロナールの飲み合わせ

ロキプロナールは飲み合わせに注意が必要な薬(併用注意薬)が数種類あります6)ロキプロナール錠60mg 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/270139_1149019F1501_1_07.pdf

成分名等 代表的な薬剤
クマリン系抗凝血剤
ワルファリン
ワーファリン
スルホニル尿素系血糖降下剤
トルブタミド 等
アマリール
ニューキノロン系抗菌剤
エノキサシン水和物等
クラビット
メトトレキサート リウマトレックス
リチウム製剤
炭酸リチウム
リーマス
チアジド系利尿薬
ヒドロフルメチアジド、ヒドロクロロチアジド 等
ヒドロクロロチアジド、フルイトラン
降圧剤
ACE阻害剤
アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤 等
レニベース、ディオバン

ロキプロナールの授乳中の使用

ロキプロナールの授乳中の使用については、製薬会社の説明文書(添付文書)には以下の記載があり、授乳を中止するよう注意喚起されています。

授乳中の婦人に投与することを避け、やむをえず投与する場合には授乳を中止させること。
[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている。]

ロキプロナール 添付文書

動物で母乳にロキプロナールの成分が移行することが知られているため、授乳中は使用ないか母乳を中断するのが安全という趣旨の注意喚起です。

赤ちゃんには不要な薬の成分を摂取させないに越したことはないため、個人の判断で授乳中にロキプロナールを使用するのは避けましょう。

ただし、医師の判断により授乳中でもロキプロナールが処方されるケースがあり、その場合は医師に指示に従うようにしましょう。

実際には授乳中にロキソニンを使用してもさほど影響はないという見解もあり、愛知県薬剤師会が作成している「妊娠・授乳と薬 対応基本手引き」によれば「ヒトでの乳汁中移行が少ないので、授乳可能と考えられる」としています。

ロキプロナールの成分は母乳中に移行してしまうものの、その量は決して多くないため、影響は少ないという内容です。

ロキプロナールの先発医薬品のロキソニンの製薬会社から提供されているインタビューフォームによると、ロキソニンを飲んでから母乳中のロキソニンの濃度を確認したところ、ロキソプロフェンの濃度は検出できないくらい少量だったという結果があります。

上記のような点からも医師が授乳中である旨をしった上で処方された場合は、あまり心配せず服用できると考えていいでしょう。

授乳中に間違って飲んでしまった時も慌てずに

授乳中に間違ってロキプロナールを使用してしまった場合も大きな心配は必要ないと考えられます。

前述の通り、母乳に移行してしまう量は多くないと考えられており、1、2回の授乳であれば、赤ちゃんへの影響もほとんどないと想定されます。

間違ってロキソニンを飲んで授乳してしまった場合もまずは慌てずに、赤ちゃんの様子を確認しながら、問題なさそうであれば次回担当の先生の検診の際などに報告する程度で問題ないでしょう。

ロキプロナールの薬価

ロキプロナールの薬価は2016年4月の改定(2018年3月まで)で1錠あたり7.8円とされています。

ロキプロナールとロキソニンの違い

ロキプロナールと同じロキソプロフェンを成分として含む薬の代表的な製品にロキソニンがあります。ロキプロナールとロキソニンとの違い①ジェネリック医薬品と先発医薬品の違い、②薬の価格である薬価の違い、③販売されている剤型の違い、などがあります。

①はロキプロナールはロキソニンのジェネリック医薬品です。従って②の薬価はロキソニンの1錠15.9円に対し、ロキプロナールは1錠7.8円であり、ロキプロナールの方が安価で買えます。③はロキプロナールがロキプロナール錠60mgだけであるのに対し、ロキソニンは錠剤以外にも細粒の他、テープ、パップ、ゲンなど外用剤も販売されています。

しかし、ロキプロナールとロキソニン錠60mgの比較に限っては、その使い方や効能効果に違いはなく、基本的には同じ効果が期待できる薬と言えるでしょう。

比較項目 ロキプロナール ロキソニン
先発/ジェネリック ジェネリック 先発
薬価(円) 7.8 15.9
剤型 錠剤のみ 錠剤、細粒、テープ、パップ、ゲル

ロキプロナールの市販での購入

ロキプロナールの成分であるロキソプロフェンを含んだ薬は市販薬としても販売されており、ロキプロナールと同等の薬を市販で買うことができます。

最も代表的なものは処方薬ロキソニンと同じメーカーの第一三共が販売しているロキソニンSであり、その他にもバファリンシリーズからもロキソプロフェンを含んだ市販薬が発売されています。

ロキソプロフェンを含んだ主な市販薬の詳細は以下の通りです。なお、主成分のロキソプロフェンの1日量はどの製品も同じく120mgとなっています。

製品名 成分
(lox以外)
特徴
ロキソニンS
ロキソニンSプラス  酸化マグネシウム 胃に優しい成分が含まれる
ロキソニンSプレミアム アリルイソプロピルアセチル尿素、無水カフェイン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 含まれる成分が多く、頭痛などの鎮静効果が最も高い
バファリンEX 乾燥水酸化アルミニウムゲル  ロキソニンSプラスとは異なる胃に優しい成分
エキセドリンLOX  実質ロキソニンSと同じ
ピタリノールLX  実質ロキソニンSと同じ
ユニペインL  実質ロキソニンSと同じ
ロキソプロフェン錠「AX」 実質ロキソニンSと同じ
ロキソプロフェン錠「クニヒロ」  –  実質ロキソニンSと同じ
ロキベール  –  実質ロキソニンSと同じ
コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα  トラネキサム酸  トラネキサム酸が含まれることにより喉の炎症などに特に有効

※lox:ロキソプロフェン

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

ロキプロナール錠60mg 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/270139_1149019F1501_1_07.pdf

出典・引用・参考文献   [ + ]

1. ロキプロナール錠60mg 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/270139_1149019F1501_1_07.pdf
2. ロキソニン錠60mg インタビューフォーム
3. 第一三共株式会社 medical library
4. ロキソニン錠60mg 添付文書
5. ロキソニン錠60mg 添付文書
6. ロキプロナール錠60mg 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/270139_1149019F1501_1_07.pdf

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)