クリアナール錠の特徴と効果や副作用

クリアナールについて確認していきます。

クリアナールの特徴

クリナールはフドステインを成分として含み、痰のきれをよくする去痰薬の一つです1)クリアナール錠200mg 添付文書

気道分泌細胞正常化剤であり、粘液修復作用、漿液性気道分泌亢進作用、気道炎症抑制作用などが認められている薬です2)クリアナール インタビューフォーム

クリアナールの効果

クリアナールは痰の切れをよくする効果がある薬です。

クリアナールの効能効果の詳細は以下の通りです。

以下の慢性呼吸器疾患における去痰
気管支喘息,慢性気管支炎,気管支拡張症,肺結核,塵肺症,肺気腫,非定型抗酸菌症,びまん性汎細気管支炎

クリアナール錠200mg 添付文書

クリアナールの作用機序

クリアナールの作用機序は痰(気道粘液)の主成分であるムチンを分泌する杯細胞の過形成抑制作用、粘液修復作用、漿液性気道分泌亢進作用、気道炎症抑制作用などにより、痰の切れをよくします。

比較的同系統のムコダインに近い作用機序と考えられますが、漿液性気道分泌亢進作用についてはムコダインの作用機序としては明記されていない作用となります3)ムコダイン錠250mg/ムコダイン錠500mg 添付文書

クリアナールの副作用

クリアナールはあまり副作用は多くない薬と言えます。

主な副作用として市販後に、発疹(0.2%)、悪心(0.2%)、消化不良及びそう痒症(0.1%)、感覚鈍麻、腹部不快感及び下痢(0.1%)などが報告されていますが、いずれも頻度としては高くなく、副作用についてはあまり心配がいらない薬と言えます。

クリアナールの飲み合わせ

クリアナールの飲み合わせで特に注意が必要なものはありません。

基本的にはどのような薬とも一緒に使うことができます。

ただし、スペリアに関してはクリアナールと全く同じ成分を含む薬であるため、併用するのは避けるようしましょう。

クリアナールのジェネリック

クリナールにはジェネリック医薬品がありません。

同じ成分を含む薬として、スペリアがありますが、同じ先発医薬品であり、薬価も同価格となります。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

出典・引用・参考文献   [ + ]

1. クリアナール錠200mg 添付文書
2. クリアナール インタビューフォーム
3. ムコダイン錠250mg/ムコダイン錠500mg 添付文書
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)