コンベック軟膏の特徴

コンベック軟膏の特徴について確認していきます。

コンベック軟膏の特徴

コンベック軟膏はウフェナマートを成分として含み、湿疹や皮膚炎に対して効果がある塗り薬です1)コンベック軟膏5%/ コンベッククリーム5% 添付文書

コンベックの特徴として、ステロイド成分でないため、ステロイド禁忌の皮膚炎や湿疹に対しても使用できる点が挙げられます。また、刺激が少ない成分であるため、顔などにも使用することが可能です2)コンベック軟膏5%/ コンベッククリーム5% インタビューフォーム

コンベック軟膏の効果

コンベック軟膏は湿疹や皮膚炎に対して効果が認められています。

コンベック軟膏の効能効果の詳細は以下の通りです。

急性湿疹,慢性湿疹,脂漏性湿疹,貨幣状湿疹
接触皮膚炎,アトピー皮膚炎,おむつ皮膚炎
酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎
帯状疱疹

コンベック軟膏5%/ コンベッククリーム5% 添付文書

コンベック軟膏の作用機序

コンベックは非ステロイド系抗炎症剤のひとつであり、その作用機序は副腎を介さず、炎症部位に直接作用するものであり膜安定化及び活性酸素生成抑制作用などとされています。

コンベック軟膏の用法用量

コンベック軟膏は1日数回患部に使用します。

コンベック軟膏の用法用量の詳細は以下の通りです。

1日数回患部に塗布または貼布する

コンベック軟膏5%/ コンベッククリーム5% 添付文書

コンベック軟膏の副作用

コンベック軟膏はあまり頻度の高い副作用はありません。

主な副作用は、発赤117件(0.87%)、刺激感87件(0.65%)、そう痒74件(0.55%)、丘疹37件(0.28%)、灼熱感29件(0.22%)等であり、基本的には使用した部位に起きるものです。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

出典・引用・参考文献   [ + ]

1. コンベック軟膏5%/ コンベッククリーム5% 添付文書
2. コンベック軟膏5%/ コンベッククリーム5% インタビューフォーム
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)