ダイアコート軟膏の効果や強さは|かぶれややけどなどへの効果、ジェネリックや通販の入手など

ダイアコート軟膏について効果、強さ、使い方、ジェネリック、市販、通販での購入などについて添付文書等から解説していきます。

ダイアコート軟膏の特徴、ステロイドの強さ

ダイアコート軟膏はジフロラゾン酢酸エステルを成分とした抗炎症作用のあるステロイドの塗り薬です1)ダイアコート軟膏0.05%/ ダイアコートクリーム0.05% 添付文書

ダイアコート軟膏の特徴はステロイド外用剤の中でも非常に強い作用がある点です。

ダイアコート軟膏のステロイドの強さ

ダイアコート軟膏のステロイドの強さは、上から一番目のⅠ群(strongest)に分類され、最も効果が強いステロイド外用剤のひとつです。

ダイアコート軟膏を含めたステロイドの外用剤は、その効果の強さによりⅠ〜Ⅴ群(strongest、verystorong、storong、mild、weak)に分類されます。Ⅰ群が効果が最も強く、Ⅴ群が最も効果が弱い分類となります。

ダイアコート軟膏の効能効果|かぶれや湿疹など

ダイアコート軟膏は主に湿疹やかぶれなどの皮膚炎、虫刺されに対する効能を有する薬です。

ダイアコート軟膏の効能効果の詳細は以下の通りです。

湿疹・皮膚炎群(ビダール苔癬、進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、痒疹群(ストロフルス、じん麻疹様苔癬、固定じん麻疹を含む)、掌蹠膿疱症、紅皮症、薬疹・中毒疹、虫さされ、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑、遠心性丘疹性紅斑)、慢性円板状エリテマトーデス、扁平紅色苔癬、毛孔性紅色粃糠疹、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病、紫斑性色素性苔癬様皮膚炎を含む)、肥厚性瘢痕・ケロイド、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、皮膚アミロイドーシス(アミロイド苔癬、斑状型アミロイド苔癬を含む)、天疱瘡群、類天疱瘡(ジューリング疱疹状皮膚炎を含む)、円形脱毛症

ダイアコート軟膏0.05%/ ダイアコートクリーム0.05% 添付文書

ダイアコート軟膏の作用機序

ダイアコート軟膏が湿疹、皮膚炎などの皮膚疾患に対して効果を示すのは、ステロイド成分による抗炎症作用が働くためです。

ステロイドの成分は一般的に抗炎症蛋白のリポコルチンを産生を促進させ、ホスホリパーゼA2を阻害し、結果として抗炎症作用を示すとされています。

ダイアコート軟膏はやけどにも

ダイアコート軟膏はやけどの後の肥厚性瘢痕・ケロイドなどにも効果があります。

ただし、第2度深在性以上の熱傷・凍傷に対しては禁忌とされているため、自己判断でやけどに使用するようなことは避けましょう。

ダイアコート軟膏はヘルペスや水虫には基本的に使用しない

ダイアコート軟膏に含まれる成分はステロイドであり、ウイルスの感染に対しては基本的に効果は期待できません。

ヘルペスなどもウイルスが原因の感染症であり、ダイアコート軟膏には適さない皮膚疾患です。医師から特別に指示された場合を除き、自己判断で使用することはやめましょう。

その他、皮膚の疾患の代表的なものにかゆみを伴う水虫がありますが、基本的にダイアコート軟膏の成分は水虫の原因には効果がありません。ステロイドによって免疫が低下して逆に悪化するような可能性もあり、ダイアコート軟膏は積極的に水虫に使用する薬でありません。ダイアコート軟膏を自己判断で水虫に使用するのは避けましょう。

ダイアコート軟膏の使い方

ダイアコート軟膏は1日数回患部に塗って使用します。

ダイアコート軟膏の用法用量の詳細は以下の通りです。

通常1日1~数回適量を患部に塗布する。

ダイアコート軟膏0.05%/ ダイアコートクリーム0.05% 添付文書

ダイアコート軟膏は顔や陰部などにはあまり使用しない

ダイアコート軟膏は比較的皮膚が厚い部分(腕、脚、背中など)に使用することが多いステロイドであり、陰部などの粘膜は薬の吸収率が高くなるため、ダイアコート軟膏のような作用の強いステロイドはあまり使用されません。

医師から指示されているケースを除き、自己判断でダイアコート軟膏を顔や陰部などのデリケートな部分に使用するのは避けるようにしましょう。

ダイアコート軟膏の妊婦や授乳婦の使用

ダイアコート軟膏は妊婦や授乳婦には使用しないことが望ましいとされています。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

1. 妊婦
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては使用しないことが望ましい。[動物実験(ウサギ)で催奇形作用(口蓋裂等)が報告されている。]
2. 授乳婦
本剤使用中は授乳を避けさせることが望ましい。[動物実験(ラット)で乳汁中に移行することが認められている。]

ダイアコート軟膏0.05%/ ダイアコートクリーム0.05% 添付文書

ただし、ダイアコート軟膏は局所に使用する外用剤であり、全身への影響は非常に限定的と言えます。実際には医師の判断で使用されるケースもあり、医師の適切な診察を受けた上での処方であれば、指示通りしようしても問題ないでしょう。

ただし、自己判断で妊娠中、授乳中にダイアコート軟膏を使用するのは避けましょう。

ダイアコート軟膏のジェネリック

ダイアコート軟膏にはジェネリック医薬品が販売されており、アナミドール軟膏およびジフロラゾン酢酸エステル軟膏0.05%「YD」の2種類が販売されています。ともにダイアコート軟膏より低い薬価が設定されており、安く入手することができます。

なお、ダイアコート軟膏と同じ成分を含むものでジフラール軟膏0.05%もありますが、こちらはダイアコート軟膏と同じ先発医薬品であり、薬価も同じ価格が設定されています。

ダイアコート軟膏の市販、通販での入手

ダイアコート軟膏は前述の通り、効果が強いステロイドであり、市販で販売されている薬には含まれていない成分となります。

市販で販売されている薬の中で最も効果の強いステロイド外用剤は、ダイアコート軟膏のⅠ群よりも二段階弱いⅢ群(strong)に分類されるベタメタゾン吉草酸エステルを成分として含んだ薬となります。

ベタメタゾン吉草酸エステルを含む市販薬としてベトネベートクリームSベトネベートN軟膏ASがあり、ベトネベートクリームSはステロイドの成分のみ、ベトネベートN軟膏ASはステロイドの他に抗菌薬がふくまれているため、患部が化膿しているような場合に適している薬です。

その他、ダイアコート軟膏を通販などで個人輸入することも法律上は可能です。

厚生労働省のサイトにおいても、一部の医薬品を除き、海外から個人輸入で医薬品を買うことは認められています。ダイアコート軟膏は個人輸入することが可能な医薬品に該当し、インターネット上でも通販として個人輸入を実施するサイトがあります。

しかし、この方法にはいくつかのリスクがあり、リスクの一つとして、海外の医薬品であるため、品質が粗悪な可能性があります。また、価格についても適正価格でない可能性があるというリスクや万が一重い副作用などが出てしまうケースの場合、国から受けれられる救済が受けられいない可能性があるというリスクもあります。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

出典・引用・参考文献   [ + ]

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)