ベトネベートの強さや特徴|フルコートとの違いや比較、やけどやヘルペス、陰部への使用は

ベトネベート、ベトネベートNの強さや特徴、フルコートとの違い、効果、などについて確認していきます。

ベトネベートの特徴|強さはリンデロンVと同じ

ベトネベートはベタメタゾン吉草酸エステルを成分とするステロイドの塗り薬であり、湿疹や皮膚炎、かゆみなどの皮膚そう痒症、虫刺されなどに効果が認められています1)ベトネベート軟膏0.12%/ ベトネベートクリーム0.12% 添付文書

また、ベトネベートの中でもベトネベートNは、抗生物質のフラジオマイシンを含んでおり、化膿止めの効果も期待できる塗り薬です2)ベトネベートN軟膏/ ベトネベートNクリーム 添付文書

ベトネベートの特徴として、ステロイドとしての強さは、上から三番目の強さであるⅢ群(Strong)に分類され、中程度の強さとなります。

ステロイドの外用剤は効果の強さにより、Ⅰ〜Ⅴ群に分類されます。Ⅰ群(Strongest)が最強であり、数が大きくなるにつれ効果が弱くなり、Ⅴ群(Weak)が最も弱い分類となります。

ベトネベートは中程度の強さであるため、様々な皮膚疾患、体の色々な部位、幅広い年齢層に使用される、使い勝手の良い外用剤と言えます。

他のステロイド剤と強さを比較すると、ロコイドやキンダベート(それぞれⅣ群)よりは強く、リンデロンV・VGやメサデルム、フルコート(それぞれⅢ群)と同等の強さ、アンテベートやマイザー(それぞれⅡ群)、デルモベート(Ⅰ群)よりは弱いという位置付けになります。

ベトネベートは処方薬と市販薬の両方が販売

ベトネベートの種類として、処方薬と市販薬いずれも販売されています。

ベトネベートの処方薬にはステロイド成分のみのベトネベート軟膏0.12%とベトネベートクリーム0.12%、抗生物質も含むベトネベートN軟膏とベトネベートNクリームの種類があります。

一方、市販薬では、ステロイドのみのものはベトネベートクリームS、抗生物質を含むものはベトネベートN軟膏ASとなり、剤型はそれぞれ一つづつとなります。成分の濃度は処方薬と市販薬で同じであり、どちらでも同じ効果が期待できます。

ベトネベートの種類

ベトネベートの市販薬と処方薬の種類をまとめると以下の通りとなります。

薬剤名 市販薬/
処方薬
剤型 含有成分
ベトネベート軟膏 処方薬 軟膏 ステロイドのみ
ベトベネートN軟膏 処方薬 軟膏 抗生物質を含む
ベトネベートクリーム 処方薬 クリーム ステロイドのみ
ベトネベートNクリーム 処方薬 クリーム 抗生物質を含む
ベトネベートN軟膏AS 市販薬 軟膏 抗生物質を含む
ベトネベートクリームS 市販薬 クリーム ステロイドのみ

ベトネベートの効果

ベトネベートは湿疹や皮膚炎、かゆみなどの皮膚そう痒症、虫さされなどに効果がある薬です。

処方薬ベトネベート、ベトネベートNの効能効果の詳細は以下の通りです。

湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,女子顔面黒皮症,ビダール苔癬,放射線皮膚炎,日光皮膚炎を含む)
皮膚そう痒症
痒疹群(じん麻疹様苔癬,ストロフルス,固定じん麻疹を含む)
虫さされ,乾癬,掌蹠膿疱症,扁平苔癬,光沢苔癬,毛孔性紅色粃糠疹,ジベルバラ色粃糠疹
紅斑症(多形滲出性紅斑,結節性紅斑,ダリエ遠心性環状紅斑)
紅皮症(悪性リンパ腫による紅皮症を含む)
慢性円板状エリテマトーデス
薬疹・中毒疹
円形脱毛症(悪性を含む)
熱傷(瘢痕,ケロイドを含む)
凍瘡,天疱瘡群
ジューリング疱疹状皮膚炎(類天疱瘡を含む)
痔核,鼓室形成手術・内耳開窓術・中耳根治手術の術創

ベトネベート軟膏0.12%/ ベトネベートクリーム0.12% 添付文書

○深在性皮膚感染症,慢性膿皮症
○湿潤,びらん,結痂を伴うか,又は二次感染を併発している次の疾患:
湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,ビダール苔癬,放射線皮膚炎,日光皮膚炎を含む),乾癬,虫さされ,痒疹群(固定蕁麻疹を含む)
○外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
○耳鼻咽喉科領域における術後処置

ベトネベートN軟膏/ ベトネベートNクリーム 添付文書

また、市販薬のベトネベート、ベトネベートNもそれぞれ効能効果は以下の通りです。

しっしん,皮膚炎,あせも,かぶれ,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん

ベトネベートクリームS 添付文書

化膿を伴う次の諸症:湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,しもやけ,虫さされ,じんましん
化膿性皮膚疾患(とびひ,めんちょう,毛のう炎)

ベトネベートN軟膏AS 添付文書

ベトネベートのやけどへの使用

ベトネベートはやけどに対しても使用される薬であり、ベトネベートであれば炎症を抑える効果、ベトネベートNであればさらに化膿止めの効果も期待できます。

ただし、第2度深在性以上の熱傷・凍傷に対しては禁忌とされているため、自己判断でやけどに使用するようなことは避けましょう。

また、市販薬のベトネベートについては厳密にはやけどの効能効果は明記されていません。できる限り医師の診察を受けて使用するようにしましょう。

ベトネベートのヘルペスへの使用

ベトネベートはヘルペスに対しては使用しないのが一般的です。

ベトネベートなどのステロイドは炎症には高い効果が期待でき、またベトネベートN細菌による化膿止めとして効果が期待できますが、ウイルスに対しても効果がないため、ヘルペスに適している薬とは言えません。自己判断でヘルペスに使用することは避けるようにしましょう。

ベトネベートはニキビには基本的に使用しない

ベトネベートの効能効果としてニキビは含まれず、基本的には使用しません。炎症を鎮める意味では効果があるケースも考えられますが、ステロイド外用剤には一般的に痤瘡様疹(ニキビのような状態)の副作用の可能性が知られており、ニキビが悪化してしまうケースもあります。従って自己判断でニキビに使用するのは避けましょう。

ベトネベートの使い方

ベトネベートは通常1日1~数回、適量を使用します。ベトネベートNに関しては無菌ガーゼ等にのばして貼り付ける使い方もあります。

ベトネベートは顔や陰部に使用するケースも|まぶたや粘膜は注意

ベトネベートは医師の判断によって顔や陰部などのデリケートな部分でも使用するケースがあります。ステロイドと聞くと抵抗がある人もいるかと思いますが、先生から顔などのへの使用を指示されている場合はその通り使用しても問題ありません。

ただし、医師からの指示ではない場合に、顔に湿疹などがある場合には自己判断で使用することはやめましょう。

なお、顔の中でも目の周りや瞼は他の部分より注意が必要です。長期の場合、大量使用の場合に眼圧上昇や緑内障の危険性があるため、医師から指示されている場合を除き、使用するのは控えましょう。陰部における粘膜部分も九州が高くなるため、同様に注意が必要です。

なお、市販のベトネベートについても顔面や陰部の使用は禁止されていませんが、目の周囲、粘膜等については禁止されているため、自己判断で使用しないようにしましょう。

ベトネベートとフルコートの違い|強さなどの比較

ベトネベートと同じく、ステロイドん外用剤にフルコートがあります。

ベトネベートとフルコートは、成分がそれぞれベタメタゾン吉草酸エステルとフルオシノロンアセトニドであり、強さは同じⅢ群(Strong)に分類され、中程度の強さであり、強さにはほとんど違いがないと言えます。

また、フルコートにもベトネベートと同様に抗生物質を含んだ製剤があり、フルコートF軟膏として販売されています。抗生剤の成分は同じフラジオマイシンであり、この点についても違いがないと言えます。強いて胃の違いはフルコートFには剤型が軟膏しかない点が挙げられます。

さらにフルコートも市販薬が販売されており、フルコートFという名称で市販で購入することができます。強いて違いをあげるとすると、フルコートは抗生物質を含むフルコートFのみが市販されていますが、ベトネベートは抗生物質を含まない製品も市販されているという点が挙げられます。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

出典・引用・参考文献   [ + ]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)