ザジテンの効果や副作用|眠気の出やすさやジェネリックについても

ザジテンの特徴、効果、使い方、副作用、飲み合わせ、薬価、ジェネリック、市販での購入などについて添付文書等から解説していきます。

ザジテンの特徴

ザジテンはケトチフェンフマル酸塩を成分とする第二世代の抗ヒスタミン薬の一つであり、花粉症などのアレルギー性鼻炎の他、気管支喘息、蕁麻疹や湿疹などの皮膚症状に効果がある薬です1)

ザジテンには、カプセル剤であるザジテンカプセル1mgの他、主に小児で使用するザジテンシロップ0.02%とザジテンドライシロップ0.1%、目薬のザジテン点眼液0.05%とザジテン点眼液UD0.05%、点鼻液のザジテン点鼻液0.05%が販売されています。

また、ザジテンは市販薬としても非常によく使われる薬の一つであり、ザジテンAL鼻炎カプセル、 ザジテンAL点眼薬、ザジテンAL鼻炎スプレーα、ザジテンAL鼻炎スプレーαクールなどが販売されています。

ザジテンの特徴は第二世代の抗ヒスタミン薬の中では比較的効果が強い反面、眠気の副作用も出やすいことが知られている薬です。

今回の記事では主に処方薬のカプセル剤であるザジテンカプセル1mgについて確認していきます。

1) ザジテンカプセル1mg 添付文書

ザジテンの効果

ザジテンカプセルは花粉症などを含むアレルギー性鼻炎の他、気管支喘息、蕁麻疹、湿疹、皮膚炎などに対して効果が有る薬です。

ザジテンカプセルの効能効果の詳細は以下のとおりです。

気管支喘息
アレルギー性鼻炎
蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症

ザジテンカプセル1mg 添付文書

ザジテンの作用機序

ザジテンなどの抗ヒスタミン薬が花粉症などのアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚炎に効果がある理由は、これらのアレルギーを引き起こす原因物質であるヒスタミンの作用をブロックするためです。

花粉などやアレルギーなどでアレルギー原因物質が体内に取り込まれると、体の防御反応が働き体内で免疫反応が起こりますが、この反応が過剰になってしまっているのがアレルギー状態であり、この際にヒスタミンが過剰に放出されることが知られています。

ザジテンなどの抗ヒスタミン薬はこれらのヒスタミンの受容体(ヒスタミンが作用する部分)を阻害することによってヒスタミンの作用を抑制します。これによりアレルギー性の鼻炎や蕁麻疹、皮膚炎などの症状が和らぎます。

ザジテンの効果は59.0〜74.9%の有効率

ザジテンカプセルの効果は実際の患者さんに対して薬を使用した臨床試験で確認されており、その結果は59.0〜74.9%の有効率であることが確認されています1)

疾患名 有効率
気管支喘息 60.8%(250/411)
アレルギー性鼻炎 59.0%(138/234)
湿疹・皮膚炎 66.9%(200/299)
蕁麻疹 74.9%(302/403)
皮膚そう痒症 66.7%(66/99)

1) ザジテンカプセル1mg 添付文書

ザジテンの使い方

ザジテンカプセルは1回に1カプセルを朝食後と就寝前に使用するのが一般的な使い方となります。

ザジテンカプセルの用法用量の詳細は以下の通りです。

通常、成人にはケトチフェンとして1回1mg(1カプセル)を1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与する。
なお、年齢・症状により適宜増減する。

ザジテンカプセル1mg 添付文書

ザジテンの副作用

ザジテンカプセルの主な副作用として、眠気(4.4%)、けん怠感(0.3%)、口渇(0.1%)、悪心(0.1%)などとされてます1)

これらの副作用のうち、実際に経験することが多いのはやはり眠気の副作用と考えられます。ザジテンを含めた抗ヒスタミン薬で眠気がでる理由は、アレルギーの原因となるヒスタミンは同時に脳の覚醒に影響する作用をもっており、抗ヒスタミン薬はそのヒスタミンの作用を阻害してしまうため、脳の覚醒が阻害され、眠気が出ると考えられています。

抗ヒスタミン薬の中でも脳内に移行しにくければ、脳のヒスタミン作用を阻害することが少なくなるため、近年は脳内移行率の低い抗ヒスタミン薬が開発されており、それらがアレグラやクラリチンをはじめとする眠くなりにくい抗ヒスタミン薬です。ただし、眠気の出やすさと効果の強さは相関する傾向があり、眠気が出にくい薬は効果も弱いケースが一般的です。

ザジテンで眠気の副作用が気になる場合には他の抗ヒスタミン薬も選択肢となるため、処方医の先生に相談するようにしましょう。

1) ザジテンカプセル1mg 添付文書

ザジテンの飲み合わせ

ザジテンカプセルは飲み合わせに注意が必要な薬がいくつかあり、中枢神経抑制剤(鎮静剤、催眠剤等)、他の抗ヒスタミン剤、アルコールの成分を含む薬剤が併用注意とされています1)

比較的多くの人に該当する可能性があるのがアルコール(お酒)です。

お酒(アルコール類)と飲み合わせに注意が必要な理由は、中枢神経系に影響を与える可能性があり、眠気などが強く出る可能性があるためでやや危険が伴う飲み合わせと言えます。

ザジテンを使用中は基本的はお酒(アルコール類)を控えるようにし、仮に服用する場合でも最低限の頻度、最低限の量などを心がけるようにしましょう。また、可能であれば、医師や薬剤などに事前に相談するようにしましょう。

1) ザジテンカプセル1mg 添付文書

ザジテンの薬価、ジェネリック

ザジテンカプセルの2016年4月改定(2018年3月まで)の薬価は1カプセルあたり51.3円となっています。

なお、ザジテンカプセルにはジェネリック医薬品が販売されており、成分名であるケトチフェンカプセルという製品名他、スプデルカプセル1mg、マゴチフェンカプセル1mgといった名称で販売されています。

ジェネリック医薬品の薬価は1カプセルあたり5.8円となっており、ザジテンカプセルよりもかなり経済的と言えます。ジェネリック医薬品を希望する場合は医師や薬剤にその旨を伝えるようにしましょう。

ザジテンの市販での購入

ザジテンは市販薬でも同じザジテンの名称で販売されている薬であり、市販でも買うことができる薬です。処方薬のザジテンカプセルと同じものに該当する市販薬はザジテンAL鼻炎カプセルであり、成分のケトチフェンが処方薬と同じく1カプセル中に1mg含まれています。

なお、ザジテンカプセルの市販で買う場合の注意点として、市販薬のザジテンカプセルは効能効果として鼻炎症状のみが認められており、湿疹や蕁麻疹の皮膚疾患や、気管支喘息に対する効能効果はありません。これらに対して使用したい場合は必ず医師の診察を受け、処方薬を処方してもらうようにしましょう。

花粉,ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ,鼻みず(鼻汁過多),鼻づまり

ザジテンカプセル1mg 添付文書

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)