鼻水、鼻づまり、花粉症

アレジオン点眼液の効果や副作用|コンタクトの使用可否や薬価などについても

アレジオン点眼液について、特徴、高価、使い方、コンタクトしたままの使用可否、副作用、併用、授乳・妊娠中の使用、薬価、ジェネリック、市販での購入などについて添付文書等から解説していきます。

アレジオン点眼液の特徴

アレジオン点眼液はエピナスチンを成分とする抗ヒスタミン薬の点眼薬です。アレルギー性結膜炎に対する効果があり1)、花粉症の時期などに非常によく使われる目薬の一つです。

アレジオン点眼液の最大の特徴はコンタクトしたまま使用できる点であり、添加物が他の抗ヒスタミン点眼薬とは異なっています。

また、アレジオンという同じ名称で市販薬、処方薬にて飲み薬が販売されており、こちらはアレルギー性鼻炎などに使用される薬となっています。

1) アレジオン点眼液0.05% 添付文書

アレジオン点眼液の効果

アレジオン点眼液はアレルギー性結膜炎に効果がある薬です。花粉症などをはじめとしたアレルギーによる目のかゆみ、充血、流涙などに対して使用されます。

〔効能・効果〕
アレルギー性結膜炎

アレジオン点眼液0.05% 添付文書

アレジオン点眼液の作用機序

アレジオン点眼液がアレルギー性結膜炎に効果があるのは、アレジオンの成分であるエピナスチンの抗ヒスタミン作用およびケミカルメディエーター遊離阻害によるものです1)

ヒスタミンは体内のアレルギー反応によって過剰に放出され、目のかゆみ、充血などを引き起こします。アレジオンの成分であるエピナスチンはこのヒスタミンが体内の受容体に結合するのを防ぐ作用と、ヒスタミンが遊離されること自体を防ぐ作用があり、アレルギー症状を緩和します。

1) アレジオン点眼液0.05% 添付文書

アレジオン点眼液の効果時間

アレジオン点眼液の効果時間の参考になる情報として、臨床試験において点眼15分後にアレルギー症状を統計学的に有意に抑制することが確認されており、さらに点眼8時間後でも症状を抑制していたという報告があります2)

上記の通り、アレジオン点眼液は効果が出るまでの時間が比較的速く、アレジオン点眼液の用法である1日4回の点眼を実施することでほぼ1日中効果が持続することが想定されます。

2) アレジオン点眼液0.05% インタビューフォーム

アレジオン点眼液はものもらいの目薬ではない

アレジオン点眼液は前述の通り、アレルギー性結膜用の薬ですので、ものもらいには効果がありません。ものもらいは菌の感染が原因であるため、医師の診察を受けて抗菌剤の点眼薬を処方してもらうか、市販の目薬でもものもらい用の薬があるため、そちらを使用するようにしましょう。

アレジオン点眼液の使い方

アレジオン点眼液は1回に1〜2滴を使用し、朝、昼、夕、寝る前の1日4回の使用が一般的な使い方となります。

通常、1回1滴、1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する。

アレジオン点眼液0.05% 添付文書

アレジオン点眼液はコンタクトしたまま使用可能

アレジオン点眼液の最大の特徴として、ソフトコンタクトレンズをつけたままでも使用可能という点が挙げられます。

一般的な目薬は防腐剤としてベンザルコニウムという成分が使われているものが多く、アレジオン点眼液と同じ抗ヒスタミン薬の点眼液であるリボスチン点眼液やパタノール点眼液、ザジテン点眼液などはすべて添加物として含んでいます。このベンザルコニウムがソフトコンタクトレンズに吸着する性質があるため、ソフトコンタクトレンズをつけたままこれらの薬剤は使用できないとされていますが、アレジオン点眼液に関してはこの添加物が含まれていないため、ソフトコンタクトレンズをつけたままでも使用することが可能となっています。

アレジオン点眼液は子供でも使用

アレジオン点眼液は子供でも処方されることがある目薬であり、医師の適切な診断のもと処方された場合は特に問題なく使用出来る目薬と言えます。

なお、発売後の副作用頻度などをみる使用成績調査では、総症例2,860例中の副作用頻度は1.33%とされており、そのうち、小児での副作用頻度は1.19%であったとされており1)、子供に対して使用しても副作用が高くなるような傾向はないことが想定されます。

ただし、6歳未満の幼児以下の場合は使用経験が少ないとされているため、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

小児等への投与
低出生体重児、新生児、乳児、幼児に対する安全性は確立していない(低出生体重児、新生児、乳児に対しては使用経験がない。幼児に対しては使用経験が少ない)。

アレジオン点眼液0.05% 添付文書

1) アレジオン点眼液0.05% 添付文書

アレジオン点眼液の副作用

アレジオン点眼液の主な副作用は眼瞼炎、眼刺激感、眼の異物感などとされていますが、それぞれ使用成績調査での頻度は0.28%、0.24%、0.17%であり1)、いずれも頻度は高くありません。副作用はあまり心配せずに使用出来る目薬と考えられます。

また、子供での副作用頻度は7歳未満が0.35%、7歳以上15歳未満が1.63%であり1)、子供で比較的安全に使用できる目薬と考えられます。

1) アレジオン点眼液0.05% 添付文書

アレジオン点眼液の併用

アレジオン点眼液は併用に注意が必要な薬はありません1)

基本的にどのような薬と合わせて使用しても問題ないと言えるでしょう。

ただし、同じ抗ヒスタミン薬の目薬であるパタノール点眼液、リボスチン(レボカバスチン)点眼液、ザジテン(ケトチフェン)点眼液などとは基本的に同じ効果しか期待できません。こられの目薬とは医師からの特別な指示があるようなケースを除き、自己判断で併用することは避けましょう。

なお、アレジオン点眼液の他に目薬を併用する場合、基本的により効果を重視したいものを後に点眼します。また、懸濁性点眼薬や油性点眼薬や水性点眼薬よりも後にさす方が良いとされています。アレジオン点眼液は水性点眼液に該当します1)

アレジオン点眼液と一緒に処方されることが多い目薬のひとつに炎症を抑える目的のフルメトロン点眼液、オドメール点眼液などがあります。この場合は先にアレジオン点眼液、5分程度の間隔を空けてフルメトロン、オボメールを点眼するようにしましょう。

1) アレジオン点眼液0.05% 添付文書

アレジオン点眼液の授乳・妊娠中の使用

アレジオン点眼液は授乳中、妊娠中の使用に関してはそれぞれ注意喚起がされています。

アレジオン点眼液の授乳中の使用

アレジオン点眼液の授乳中の使用に関しては、製薬会社からは授乳中は使用せず、使用する場合は授乳を避けるように注意喚起さています。

授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験(ラット:経口)で乳汁中へ移行することが報告されている。]

アレジオン点眼液0.05% 添付文書

ただし、上記内容は点眼液ではなく、飲み薬として経口投与した時に母乳への移行が確認されているという内容であり、点眼液のデータは明記されていません2)。点眼液は基本的に局所で作用する薬であり、乳汁に移行するケースはあまり多くありません。また、アレジオンの成分は小児でも使用することがあるため、万が一移行しても大きな問題になるケースはあまりないと考えられます。

実際に授乳中にアレジオン点眼液を使用するかは、処方医の先生の判断となります。処方医の先生が問題ないという判断であれば指示された通り使用するようにしましょう。

アレジオン点眼液に限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は授乳中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

2) アレジオン点眼液0.05% インタビューフォーム

アレジオン点眼液の妊娠中の使用

アレジオン点眼液の妊娠中の使用に関しては、治療の有益性が危険性を上回る場合のみ使用と注意喚起さており、医師の判断によっては使用されるケースがあります。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。なお、妊娠前及び妊娠初期試験(ラット:経口)では受胎率の低下が、器官形成期試験(ウサギ:経口)では胎児致死作用が、いずれも高用量で認められている。]

アレジオン点眼液0.05% 添付文書

上記内容は点眼液ではなく、飲み薬として経口投与した時に影響が確認されているという内容であり、点眼液として使用した場合のデータは明記されていません2)。点眼液は基本的に局所で作用する薬であり、実際には目薬の成分が胎盤を通過し胎児まで影響を及ぼすケースはあまりないと考えられます。

実際に妊娠中にアレジオン点眼液を使用するかは、授乳中の場合と同様、最終的には処方医の先生の判断となります。処方医の先生が問題ないという判断であれば指示された通り使用するようにしましょう。

アレジオン点眼液に限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は妊娠中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

2) アレジオン点眼液0.05% インタビューフォーム

アレジオン点眼液の薬価、ジェネリック

アレジオン点眼液の2016年4月改定(2018年3月まで)の薬価は1mLあたり382.5円であり、1本5mLでは1912.5円となります。

この薬価は、同じ抗ヒスタミン薬点眼液のうち、比較的よく使われているパタノール点眼液の1mLあたり196.7円、リボスチン点眼液の1mLあたり131.9円よりもやや高い薬価となっています。

アレジオンの薬価が高い理由として、抗ヒスタミン薬の点眼液の中では最も新しいことが挙げられます。アレジオン点眼液の利点としてソフトコンタクトレンズをつけたまま使用できる店がありますが、経済的な面も考慮し、希望する点眼液があればその旨を処方医の先生に伝えましょう。

なお、アレジオン点眼液には現時点ではジェネリック医薬品は発売されていません。エビナスチンの成分を点眼薬で使用したい場合はアレジオン点眼液が唯一の選択肢となります。

アレジオン点眼液の市販での購入

アレジオン点眼液の成分を含む目薬は、市販薬としては販売されていません。

同じ抗ヒスタミン系の成分を含む目薬としてザジテンAL点眼薬などがあり、市販でアレジオン点眼液と同じような効果の目薬を買いたい場合はこれらを選択しましょう。

 

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。