ポリフルの効果や副作用|便秘や下痢への効果、コロネルとの違いなども

ポリフルの特徴、効果、使い方、副作用、飲み合わせ、授乳中・妊娠中の使用、薬価、ジェネリック、市販での購入などについて添付文書等から解説していきます。

ポリフルの特徴

ポリフルはポリカルボフィルカルシウムを成分とする過敏性腸症候群における便秘や下痢に対して効果がある薬です1)

ポリフルの特徴として、相反する症状とも考えられる便秘と下痢のいずれに対しても効果を発揮する点が挙げられます。下痢状態の時には、増加した余剰な水分を吸水しゲル化することにより下痢を改善し、便秘状態の時には、消化管内で水分を吸水・保持して便秘を改善する、とされています2)

ポリフルには通常の錠剤であるポリフル錠500mgと粉薬であるポリフル細粒83.3%の種類が販売されています。

今回は主にポリフル錠500mgについて確認していきます。

1) ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% 添付文書
2) ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% インタビューフォーム

ポリフルとコロネルは同じ成分を含む薬

ポリフルと同じ成分を含む薬としてコロネルがあります。この二つの薬には特に違いはなく、基本的には同じ効果が出る薬と言えます。薬の価格である薬価についてもポリフル錠とコロネル錠では全く同じ薬価であり、細粒剤についてはポリフル細粒83.3%は1gあたり26.0円、コロネル細粒83.3%は25.8円とやや違いがあるものの、大きな差ではありません。

ポリフルとコロネルはどちらを使用してもあまり変わりありませんが、両方を併用するようなことは避けるようにしましょう。

ポリフルの効果

ポリフルは過敏性腸症候群における便秘と下痢いずれの症状にも効果があり、その他の消化器症状にも効果が期待できる薬です。

ポリフルの効能効果の詳細は以下の通りです。

過敏性腸症候群における便通異常(下痢,便秘)及び消化器症状

ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% 添付文書

ポリフルの作用機序

ポリフルの作用機序はてポリカルボフィルの吸水性による消化管内水分保持作用、消化管内容物輸送調節作用によるものです1)

ポリフルは腸内での中性条件下で多量の水を吸収して、膨潤・ゲル化し、下痢状態の時には、増加した余剰な水分を吸水しゲル化することにより亢進した腸管内容物の輸送を抑制するとともに、便中水分量の増加を抑制して下痢を改善します。また、便秘状態の時には、消化管内で水分を吸水・保持して、減少した便中水分量を改善するとともに、膨潤して腸管を刺激することにより遅延した消化管内容物の輸送を改善し、便秘を改善するとされています2)

このようにポリフルの成分であるポリカルボフィルは、その特性から下痢と便秘のいずれに対しても効果を発揮するという高い利便性があります。

1) ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% 添付文書
2) ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% インタビューフォーム

ポリフルの効果は63.5%の有効率

ポリフルの実際の患者さんに対する効果は臨床試験によって確認されています。

過敏性腸症候群の患者における便通異常(下痢,便秘)及び消化器症状に対して、ポリフルの成分を2週間使用した結果は、63.5%の患者さんで「改善」改善以上の効果が現れたとされています1)

1) ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% 添付文書

ポリフルの使い方

ポリフル錠は1回に1〜2錠を1日3回食後に使用するのが一般的な使い方です。

ポリフルの用法用量の詳細は以下の通りです。

通常,成人にはポリカルボフィルカルシウムとして1日量1.5~3.0gを3回に分けて,食後に水とともに経口投与する.

ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% 添付文書

ポリフルの副作用

ポリフルの副作用は、臨床試験では8.79%、市販後の使用成績調査では2.20%の頻度で起きたことが確認されています1)

副作用の症状別では1%以上の頻度の副作用は報告されておらず、主な副作用としては0.1%〜1%の頻度で嘔気・嘔吐,口渇,腹部膨満感,下痢,便秘,腹痛などの消化器症状、発疹,そう痒感の過敏症症状、AST(GOT)上昇,ALT(GPT)上昇,γ-GTP上昇,ALP上昇の肝機能検査値異常、浮腫(むくみ)の症状が挙げられています。

重大な副作用は注意喚起されておらず、基本的には重度の副作用の心配はいらないと言えます。

1) ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% 添付文書

ポリフルの飲み合わせ

ポリフルには併用が禁止でないものの、飲み合わせに注意が必要な薬がいくつかあります1)

ポリフルとの飲み合わせに注意が必要な薬(併用注意薬)は以下の通りです。

成分名等 代表的な薬剤
活性型ビタミンD製剤 アルファロール、エディロール
カルシウム剤 アスパラCA
強心配糖体 ラニラピッド
テトラサイクリン系抗生物質
ニューキノロン系抗菌剤
ミノマイシン、クラビット
プロトンポンプ阻害剤
H2受容体拮抗剤
制酸剤
タケプロン、ガスター、酸化マグネシウム

上記の併用注意薬のうち、タケプロンやガスターなどの胃薬、また、便秘解消の目的で酸化マグネシウムなどの薬は比較的使用するケースも多く注意が必要です。これらの薬は胃内のPHを上げる可能性が、ポリフルの成分が作用を発揮しにくくなるケースがあります。

また、クラビットなどの抗菌剤は風邪の悪化した時や化膿止めの目的で使用されるケースがあり、比較的多くの人で処方されるケースがあります。併用するとポリフルによってこれらの薬の効果が弱まるケースがあります。

1) ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% 添付文書

ポリフルの授乳中の使用

ポリフルは授乳中の使用に関しては特別な注意喚起はされていません1)。基本的には授乳中でも使用可能な薬の一つとなります。

専門家による見解でも、愛知県薬剤師会が作成している「妊娠・授乳と薬」対応基本手引きでは、消化管からの吸収が悪いので乳児への影響は考えにくいという内容です3)。大分県「母乳と薬剤」研究会が作成している母乳とくすりハンドブックでは、長期使用する場合は乳児の血中カルシウム濃度をチェックすることを推奨しているものの、「限られた授乳婦で研究した結果、乳児へのリスクは最小限と考えられる / 授乳婦で研究されていないが、リスクを証明する根拠が見当たらない」という見解です4)

消化管からの吸収が悪いので、乳児への影響はほとんど考えられない。

「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き(改訂 2 版)

母親に長期投与する場合は、乳児の血中カルシウム濃度をチェックする

母乳とくすりハンドブック

実際に授乳中にポリフルを使用するかは、処方医の先生の判断となります。ポリフルに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は授乳中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

1) ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% 添付文書
5) 愛知県薬剤師会 「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き(改訂 2 版)(2012)
6) 大分県「母乳と薬剤」研究会 母乳とくすりハンドブック(2010)

ポリフルの妊娠中の使用

ポリフルの妊娠中の使用に関しては、治療の有益性が危険性を上回る場合のみ使用と注意喚起されており、実際に使用するかは医師の判断となります。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること.〔妊娠中の投与に関する安全性は確立していない.〕

ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% 添付文書

上記の注意喚起がされている理由として妊婦に対して使用したデータがあまりないために、安全性が保証されていない点が挙げられます。

しかし、実際にはポリフルは体内ではほとんど吸収されることがなく、また動物実験における生殖発生毒性試験などでも明確なリスクは確認されていないため2)、実際には妊娠中の影響も限定的と考えられます。

実際に妊娠中にポリフルを使用するかは、授乳中と同様に処方医の先生の判断が必要です。ポリフルに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は妊娠中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

2) ポリフル錠500mg/ ポリフル細粒83.3% インタビューフォーム

ポリフルの薬価、ジェネリック

ポリフルの2016年4月改定(2018年3月まで)の薬価はポリフル錠500mgで1錠あたり20.2円16.5円、ポリフル細粒83.3%で1gあたり26.0円とされています。

ポリフル錠にはジェネリック医薬品は販売されていません。同成分を含む薬剤としてコロネル錠がありますが、ポリフルと同じく先発医薬品扱いであり、薬価も同じ1錠26.0円であるため、かかる費用はどちらでも変わりません。

ポリフル細粒にはジェネリック医薬品が販売されており、ポリカルボフィルCa細粒という名称で販売されています。薬価は1gあたり15.1円となるため、ポリフルよりも経済的といえます。

ポルフルの市販での購入

ポリフルの成分を含む薬は市販では購入することができません。

必ず医師の適切な診察を受けて処方してもらうようにしましょう。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)