ロキソニンの授乳中と妊娠中の使用について解説!注意点を確認して安全な使用を!

解熱鎮痛剤で最も有名なものの一つがロキソニンですね。効果も比較的強く、副作用なども少ないため、非常によく使われています。

近年は市販薬としても発売されており、より身近な存在になった薬と言えます。

今回はこのロキソニンについて、授乳中や妊娠中に使用できるのかという観点から見ていきたいと思います。

<目次>
ロキソニンの授乳中の使用は推奨されていないが、使用されることも
ロキソニンは妊娠末期は使用不可、それ以外は使用するケースも
市販のロキソニンも同様に注意

ロキソニンの授乳中の使用は推奨されていないが、使用されることも

授乳中のロキソニンの使用については、製薬会社の説明文書(添付文書)には以下の記載があります。

授乳中の婦人に投与することを避け、やむをえず投与する場合には授乳を中止させること。
[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている。]

ロキソニン 添付文書

動物で母乳にロキソニンの成分が移行することが知られているため、授乳中は使用ないか母乳を中断するのが安全という趣旨の注意喚起ですね。

赤ちゃんには不要な薬の成分を摂取させないに越したことはないため、個人の判断で授乳中にロキソニンを使用するのは避けたほうがよさそうです。

ただし、医師の判断により授乳中でもロキソニンが処方されるケースもあるかと思います。その場合は先生が授乳中であることを考慮してもロキソニンがもたらす効果が必要と判断しているかと思いますので、指示の通りに使用するようにしましょう。

実際には影響はあまりないという見解も

一方で実際には授乳中にロキソニンを使用してもさほど影響はないという見解もあります。

愛知県薬剤師会が作成している「妊娠・授乳と薬 対応基本手引き」によれば「ロキソニンはヒトでの乳汁中移行が少ないので、授乳可能と考えられる」としています。

ロキソニンの成分は母乳中に移行してしまうものの、その量は決して多くないため、影響は少ないという見解といったところでしょうか。

また、製薬会社から提供されている情報(インタビューフォーム)によると、ロキソニンを飲んでから母乳中のロキソニンの濃度を確認したところ、ロキソニンの濃度は検出できないくらい少量だったという結果があります。

上記のような点からも医師が授乳中である旨をしった上で処方された場合は、あまり心配せず服用できると考えていいでしょう。

間違って飲んでしまった時も慌てずに

授乳中に間違ってロキソニンを使用してしまった場合も大きな心配は必要ないと考えられます。

前述の通り、母乳に移行してしまう量は多くないと考えられており、1、2回の授乳であれば、赤ちゃんへの影響もほとんどないと想定されます。

間違ってロキソニンを飲んで授乳してしまった場合もまずは慌てずに、赤ちゃんの様子を確認しながら、問題なさそうであれば次回担当の先生の検診の際などに報告する程度で問題ないでしょう。

ロキソニンは妊娠末期は使用不可、それ以外は使用するケースも

妊娠中に関しては、特に妊娠末期(8ヶ月;28週〜)においてはロキソニンの使用は禁止されています。

その理由として、動物の実験で出産が遅くなったり、胎児の動脈管に影響を及ぼしたという報告があるためです。

上記のような理由から、妊娠の末期においては特に避けるようにしましょう。
妊娠末期以外でも、製薬会社からは以下のような注意喚起がされています。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

ロキソニン 添付文書

妊娠末期以外では医師の判断によっては使用するということになります。医師が妊娠をしていることを承知の上で処方された場合は用法の指示通りに使用すれば問題はないでしょう。

また、自己判断で使用したり、指示された用量以上の使用はやめましょう。

妊娠中にロキソニンを間違って飲んでしまった場合は?

妊娠中に間違えてロキソニンを飲んでしまった場合ですが、妊娠初期や妊娠中期ではあまり心配はいらないと考えられるので、極端な量でなければ次回の定期健診の際にでも先生に相談しておく程度でも問題ないかと思います。

妊娠後期であった場合はなるべく早く担当の先生に連絡し、診察してもらうようにしましょう。

ただし、ロキソニン自体はそこまで劇的な効果があるような薬ではありません。妊娠後期だからと言っても影響がなかったというケースのほうが多いかと思いますので、まずは落ち着いて先生に相談するようにしましょう。

市販のロキソニンも同様に注意

市販のロキソニンSに関しても基本的には処方薬のロキソニンと同じ注意が必要です。

市販のロキソニンSの添付文書には以下の記載があります。

「してはいけないこと」
次の人は服用しないで下さい。
・出産予定日12週以内の妊婦

「相談すること」
次の人は服用前に医師,歯科医師又は薬剤師に相談して下さい。
・妊婦又は妊娠していると思われる人
・授乳中の人

出産予定日が12週以内まで迫っている人は使用できません。

また、それ以外の妊婦さん、授乳中の人は医師や薬剤師へ相談が必要となります。

市販のロキソニンSに関しても妊娠中や授乳中は自己判断で使用せず、必ず専門家に相談するようにしましょう。

終わりに

今回はロキソニンの授乳中と妊娠中の使用について確認してきました。

ロキソニンは効果も強く、安全面も高い非常に使い易い薬です。授乳中や妊娠中も使用できないわけではありませんが、必ず医師や薬剤師に相談の上、安全に使用するようにしましょう。

薬を使用する際には必ず添付文書を確認し、決められた用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)