セレコックスの腰痛などへの効果や副作用|効かない場合や頭痛・生理痛への効果の有無、ロキソニンとの違いや併用、眠気の有無も

セレコックス錠100mg、セレコックス錠200mgについて腰痛や肩こりへの効き目や頭痛、生理痛への効果の有無、効かない場合の対処法や眠気などの主な副作用、飲み合わせ、授乳中・妊娠中の使用、薬価、ジェネリック、市販薬の有無、ボルタレンやロキソニンとの違いなどについて、添付文書等から解説していきます。

セレコックスの特徴と種類|セレコックス100とセレコックス200

セレコックスはセレコキシブという成分を含む解熱鎮痛薬です

セレコックスにはセレコックス100mgとセレコックス200mgがあり、それぞれセレコキシブを100mg、200mg含む薬です。

セレコックスは非ステロイド性抗炎症薬(Nsaids)というグループに分類され、ロキソニンやボルタレンといった薬と同じような効果がありますが、作用機序に特徴があります。Nsaidsはシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という熱や痛みの原因となるプロスタグランジンという生理活性物質の産生に関わる酵素を阻害することによって、解熱鎮痛作用を発揮します。また、COX-2と別にCOX-1があり、こちらは胃粘膜を保護に関連するプロスタグランジンを産生する機能がありますが、従来のNsaidsはこのCOX-1も阻害するため、時に胃粘膜保護が阻害され、胃荒れなどの胃部不快感の副作用が問題となるケースがありました。

セレコックスはCOXのうち、COX-1阻害作用が少なく、選択的にCOX-2を阻害することによって従来のNsaidsと同様に熱や痛みを抑え、かつ従来のNsaidsよりも胃腸障害が少ないという特徴があります。

また、他のNsaidsは1日3回使用するのが多いのに対し、セレコックスは1日2回の使用が一般的であり、薬を飲む煩わしさが少ない、飲み忘れのリスクが少ないという特徴もあります。

セレコックスの腰痛や肩こりへの効き目|頭痛や生理痛への効果は?

セレコックスは変形性関節症(ひざ関節症など)、腰痛症、肩関節周囲炎(五十肩)、頸肩腕症候群(肩こり)の他、抜歯後の鎮痛などに対して効果が有る解熱鎮痛薬です。

セレコックスの効能効果の詳細は以下の通りです。

①下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
関節リウマチ

②下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎

③手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛

セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書

セレコックスの腰痛や肩こりに対する痛みの改善率は65%〜70%という結果1)が公表されています。

その他にも抜歯後の痛みに対してはセレコックスを400mg使用することで81.0%の患者さんの印象の有効率があるという結果1)もあります。

1) セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書

セレコックスの頭痛や生理痛への効果の有無は

頭痛生理痛に対してはセレコックスの効能効果には明記されていません。

頭痛や生理痛もプロスタグランジンが関与してるケースが多く、前述の通りセレコックスの作用機序はプロスタグランジン産生阻害であるため、実際には頭痛生理痛などへの痛みに対しても一定の効果があると考えられます。しかし、セレコックスは効果がでるまでの時間がロキソニンなどと比較するとややゆっくり目であり、値段も高い薬であるため、頭痛や生理痛などで使用するには向いていない薬と言えます。

医師からの特別な指示があるような場合を除き、自己判断で頭痛や生理痛に使用するのは避けるようにしましょう。

セレコックスとロキソニンの違いや併用は?

セレコックスとロキソニンは使い方に違いがあります。

ロキソニンは比較的、効果が出るまでの時間が短く、風邪などの急性疾患の解熱鎮痛に向いていると言えます。速ければ15〜30分程度で効果を実感できることもあり、1日3回まで使用することがあります。一方、セレコックスはロキソニンと比較すると効果が出るまでに時間がかかりますが、その分効果の持続時間も長く、1日2回の使用で済むというメリットもなり、長期で使用する場合には飲み忘れ防止などの点からは優れていると言えます。

効き目の強さという点ではセレコックスとロキソニンと同程度の効き目という報告がいくつか挙がっており2)、3)、どちらも比較的強い効き目が期待できると言えます。

副作用の出やすさは、セレコックスの方が胃荒れなどの胃腸障害が出にくいとされています。ロキソニンに関しても頻度としてはそこまで高くありませんが、特に長期に使用しているようなケースでは消化管の出血など重大な副作用にも注意が必要となります。逆にセレコックスにはこちらも頻度は低いものの、長期に使用すると心筋梗塞、脳卒中等の心血管系のリスクがあることもわかっています。セレコックス、ロキソニンともに注意するべき副作用があることに気をつけましょう。

薬の値段(薬価)はロキソニンよりもセレコックスが高くなります。セレコックスである必要性がない場合は、ロキソニンを使用したほうが経済的と言えるでしょう。

なお、セレコックスとロキソニンの飲み薬を併用するケースはほとんどありません。基本的には同じような作用機序であり、特に相乗効果も認められないため、医師からの指示があるような場合を除き、自己判断で併用することは避けましょう。

2) 日本口腔科学会雑誌 63(1): 61-61, 2014.
3) PAIN RESEARCH 30(2): 98-98, 2015.

セレコックスとボルタレンの違いや併用は?

セレコックスとボルタレンの違いは作用の強さ、効果が出るまでの時間、1日使用回数、薬の値段(薬価)、副作用の出やすさなどです。

作用が最も強いと考えられているのはボルタレンです。非常に強力であり場面を選んで使われます。

1日の使用回数はボルタレンは一般的に1日3回のケースが多いのに対し、セレコックスは1日2回の使用となり、飲み忘れのリスクも少ないという特徴があります。

薬の値段(薬価)はボルタレンよりもセレコックスが高くなります。セレコックスである必要性がない場合は、ボルタレンなどを使用したほうが経済的と言えるでしょう。

Nsaidsで共通している副作用として胃荒れなどの胃腸障害があります。この副作用が最も出にくいのがCOX-2選択阻害の特徴を持つセレコックスです。逆にボルタレンは作用が強力な反面この胃荒れの副作用も頻度が高いことが知られており、一定の期間使用する場合は注意が必要となります。

セレコックスとボルタレンの飲み薬を併用するケースもほとんどありません。基本的には同じような作用機序であり、特に相乗効果も認められないため、医師からの指示があるような場合を除き、自己判断で併用することは避けましょう。

セレコックスの使い方|効かない場合、投与間隔

セレコックスは腰痛肩こりに対しては1回100mg(セレコックス100を1錠)、1日2回という使い方が一般的です。また、抜歯後の消炎・鎮痛では1回目は400mg(セレコックス200を2錠もしくはセレコックス100を4錠)、以降は200mg(セレコックス200を1錠もしくはセレコックス100を2錠)を使用し、1日2回飲むという使い方になります。なお、投与間隔あける時間)は6時間以上と設定されています。

セレコックスの(使い方)用法用量の詳細は以下の通りです。

①関節リウマチ
通常、成人にはセレコキシブとして1回100~200mgを1日2回、朝・夕食後に経口投与する。

②変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎
通常、成人にはセレコキシブとして1回100mgを1日2回、朝・夕食後に経口投与する。

③手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛
通常、成人にはセレコキシブとして初回のみ400mg、2回目以降は1回200mgとして1日2回経口投与する。なお、投与間隔は6時間以上あけること。頓用の場合は、初回のみ400mg、必要に応じて以降は200mgを6時間以上あけて経口投与する。ただし、1日2回
までとする。

セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書

また、注意点のひとつに重篤な肝障害や重篤な腎障害をもつ方は使用できない(禁忌)という点があります。透析などを受けている人は注意しましょう。

セレコックスが効かないと感じる場合は、まずは正しい用法用量で使用できているか確認しましょう。腰痛や肩こりなどはセレコックス100を1回1錠を1日2回となっています。1日1回の使用になっていないかなど確認しましょう。関節リウマチの場合は1回の使用量がセレコックス100を2錠使用することもあります。1錠しか飲んでないか確認しましょう。手術や抜歯後の痛みでは最大でセレコックス100を4錠、セレコックス200を2錠使うこともあります。正しい乗数であるか確認しましょう。

正しい使用法でもやはりセレコックスが効かないと感じる場合はセレコックスに適していない疾患である可能性もあります。再度医師の診察を受けてその際にセレコックスが効かないと感じる旨を伝え、別の薬を処方してもらうなどの対処が適切と言えるでしょう。

セレコックスの副作用

セレコックスは前述の通りNsaidsに共通する副作用の胃荒れ、胃痛、胃部不快感などの胃腸障害が非常に少ない薬です。ただし、これらの副作用が全くでないわけではないのでその点は注意しましょう。

比較的頻度が高い副作用は傾眠(眠気)、ALT(肝臓の機能の指標)増加、BUN(腎臓の機能の指標)増加、腹痛、口内炎、下痢、便潜血陽性、β2ミクログロブリンやNAG(泌尿器の機能の指標)増加、尿潜血陽性、発疹などですが、これらの副作用もβ2ミクログロブリンを除き5%に満たない頻度ですので、実際に経験することはほとんどないと言えるものです。

その他、セレコックスで考えられるリスクに心筋梗塞や脳卒中の発現頻度が上昇が指摘されています。これらの副作用も決して頻度は高くありませんが、特に長期に使用する場合にリスクの上昇が否定されていないため、継続して使用するような場合は注意が必要となります。

セレコックスの眠気の副作用は

セレコックスによる眠気(傾眠)の頻度は、2007年の承認時の臨床試験結果においては0.5%とされています1)

セレコックスは花粉症の薬のような、いわゆる眠くなる成分は含んでいないため、基本的に眠くなることはあまり多くはありません。ではなぜセレコックスで眠くなるかという理由は、現時点では明確にされていないものの、プラスタグランジンD2の睡眠誘発作用、プロスタグランジンE2の覚醒誘発作用、視床下部のCOX-2による中枢神経への関与など、様々な要因が複雑に関与してる可能性が考えられています4)

セレコックスはシクロオキシゲナーゼを阻害することによりプロスタグランジの合成に影響を与えるため、この作用により副次的に眠気を引き起こしている可能性があります。

セレコックスによる眠気の副作用は、花粉症薬や酔い止め薬のような頻度ではないものの、念のため注意が必要な副作用といえます。

1) セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書
4) 医薬品副作用の対応50, 南山堂, 2013

セレコックスの飲み合わせ

セレコックスには併用禁忌でないものの、飲み合わせに注意が必要なものがいくつかあります1)

セレコックスとの飲み合わせに注意が必要な薬(併用注意薬)は以下の通りです。

成分名等 代表的な薬剤
ACE阻害剤
アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤
インヒベース、オルメテック、ディオバン、アジルバ
フロセミド
チアジド系利尿剤
ラシックス、フルイトラン
アスピリン
リチウム リーマス
フルコナゾール ジフルカン
フルバスタチン ローコール
クマリン系抗凝血剤 ワーファリン
パロキセチン パキシル
デキストロメトルファン メジコン
制酸剤 マグミット、酸化マグネシウム、マーロックス

いずれも服用している場合は医師、薬剤師に伝えておくようにしましょう。

上記のような薬の中で、風邪などの際に使われるメジコンなどのデキストロメトルファン製剤は、セレコックスとの飲み合わせによりデキストロメトルファンの作用が強くでる可能性があります。普段薬を飲まない人でも急性疾患の際に使用するケースがあるため注意が必要です。また、胃の症状があるときに使用する制酸剤のマーロックスや便秘の際に用いられる酸化マグネシウム、マグミットなども一時的に使用するケースがあるため、注意が必要です。併用注意の理由として、制酸剤とセレコックスを合わせて使用することにより、セレコックスの作用が減弱する可能性が挙げられています。

1) セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書

セレコックスの授乳中の使用

セレコックスは授乳中に使用する場合は基本的に授乳を中止するよう注意喚起されています。

授乳中の婦人に投与する場合には授乳を避けさせること。[ヒト母乳中への移行が報告されている。]

セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書

上記の注意喚起がされている理由として、外国人データにおいて、乳汁への移行性が認められているためです5)

なお、専門家による見解として、愛知県薬剤師会が作成している「妊娠・授乳と薬」対応基本手引きでは、小児にも適応があり、授乳婦にも使用可能という内容です6)

母乳中へ移行する量が少なく、授乳婦に使用可能と考えられる。

「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き(改訂 2 版)

実際に授乳中にセレコックスを使用するかは、処方医の先生の判断となります。セレコックスに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は授乳中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

5) セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg インタビューフォーム
6) 愛知県薬剤師会 「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き(改訂 2 版)(2012)

セレコックスの妊娠中の使用

セレコックスの妊娠中の使用に関しては、妊娠末期の妊婦に限っては禁忌に設定されており、使用することはできません。妊娠末期以外の妊婦では、治療の有益性が危険性を上回る場合のみ使用と注意喚起されており、実際に使用するかは医師の判断となります。

(1)妊娠末期には投与しないこと。[妊娠末期のマウス及びヒツジへの投与において、胎児の動脈管収縮が報告されている。]

(2)妊婦(妊娠末期以外)又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。培養細胞を用いた染色体異常試験において、細胞毒性が認められる濃度で染色体の数的異常(核内倍加細胞の増加)が、生殖発生毒性試験で着床後死亡数や死産の増加、横隔膜ヘルニア、胎児体重減少等が認められている。またラットにおいて本剤が胎児に移行することが報告されている。]

セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書

上記のような注意喚起がされている理由として、特にセレコックスの成分が胎盤を通過する点や生殖発生毒性試験等において、一定のリスクが認められているためです5)

妊娠末期以外においても実際に妊娠中にセレコックスを使用するかは、処方医の先生の判断が必要です。セレコックスに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は妊娠中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

5) セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg インタビューフォーム

セレコックスの薬価、ジェネリック

セレコックス錠100mg、セレコックス錠200mgの2016年4月改定(2018年3月まで)の薬価は100mg錠で1錠あたり68.5円、200mg錠で105.7円となっています。

なお、セレコックスには現時点でジェネリック医薬品は販売されていません。

通常新薬は承認されてから一定の年数がたった後に再度審査を受ける必要があり、この期間を終えるまではジェネリック医薬品は販売されません。また、特許期間に該当する場合はその期間もジェネリック医薬品は販売できません。

セレコックスの再審査期間は2015年1月25日までとされているため、再審査期間は終了していますが、特許期間が2019年末までとされているため、この期間まではジェネリック医薬品が販売されません。

セレコックスの市販薬の有無

セレコックスは比較的新しい成分であり、現在は市販薬としては販売されていません

セレコックスは必ず医師の処方箋が必要な医薬品となるため、薬が無くなった場合や、以前使用して再度使いたい場合などは必ず医師の診察を受けて処方箋をもらうようにしましょう。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)