レミニールの効果や作用機序、副作用を解説|薬価やアリセプトとの比較も

レミニールの効果や作用機序、副作用、薬価、アリセプトとの比較などについて添付文書やインタビューフォームから解説します。

レミニールの効果と作用機序

レミニール(成分名:ガランタミン)はヤンセンファーマが製造販売、武田薬品が販売しているアルツハイマーの認知症に対して効果がある薬です。主に軽度から中等度のアルツハイマー症状の進行抑制に対して効果があるとされています。

レミニールの効能効果の詳細は以下の通りです。

軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制

レミニール錠/OD錠/内用液 添付文書

レミニールの効果はアルツハイマー型の認知症そのものを治癒するわけではなく、あくまでアルツハイマー型認知症の認知症症状が進行することを抑制するものです。従って、認知症の症状が現れた際に早期に治療を開始することが重要となります。

レミニールの作用機序はコリンエステラーゼと呼ばれる酵素の阻害によるものです。

アルツハイマーは脳内におけるコリン機能と言われる機能が低下することによって起こるとされており、脳内のアセチルコリンと言われる神経伝達物質の濃度を上昇されることにより進行を抑制できると考えられています。

アセチルコリンはコリンエステラーゼによって分解されてしまうため、レミニールはこのコリンエステラーゼを阻害することによって間接的に脳内アセチルコリンの濃度を高め、結果としてアルツハイマーの進行を抑制することができると考えられています。

アルツハイマー型認知症では、脳内コリン機能の低下が認められ、それが記憶障害の原因と考えられている(コリン欠乏仮説)。ガランタミンは、アセチルコリンエステラーゼ(AChE)を競合的に阻害することで脳内アセチルコリン(ACh) 濃度を上昇させ、かつニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)に対するAPL作用により脳内コリン機能を増強させることで、アルツハイマー型認知症における記憶障害の進行抑制が期待できる。

レミニール錠/OD錠/内用液 インタビューフォーム

レミニールの副作用

レミニールを使用した二人に一人くらいは何らかの副作用がでるという結果が確認されています。しかし、そのうちのほとんどは軽度の副作用であり、レミニールを中止せざるをえないような副作用は滅多にありません。

比較的頻度が高い副作用としては、悪心(吐き気)や実際に嘔吐してしまうもの、食欲がなくなったりする食欲減退や食欲不振、下痢などのいわゆる消化器症状や頭痛といったものです。これらの副作用は慣れがあり、ある程度継続使用すると症状はなくなるケースが多いとされていますが、ひどい症状が継続する場合は医師に相談しましょう。

レミニールの薬価とジェネリック

レミニールの製品毎の薬価は以下の通りです。

製品名 薬価(円)
レミニール錠4mg 107.10
レミニール錠8mg 191.10
レミニール錠12mg 241.60
レミニールOD錠4mg 107.10
レミニールOD錠8mg 191.10
レミニールOD錠12mg 241.60
レミニール内用液4mg/mL 0.4% 96.60

レミニールは通常4mgを1日2回から開始し、4週間後に8mgを1日2回に増量、場合によってはさらに増量し、最大で12mgを1日2回使用します。

通常、成人にはガランタミンとして1日8mg(1回4mgを1日2回)から開始し、4週間後に1日16mg(1回8mgを1日2回)に増量し、経口投与する。なお、症状に応じて1日24mg(1回12mgを1日2回)まで増量できるが、増量する場合は変更前の用量で4週間以上投与した後に増量する。

レミニール錠/OD錠/内用液 添付文書

なお、レミニールは比較的新しい薬であるため、ジェネリック医薬品は販売されていません。

レミニールとアリセプトの違いを比較

レミニールと同じアルツハイマー型認知症を治療する代表的な薬としてアリセプトがありこれらの比較も確認してみましょう。

レミニールとアリセプトは共にコリンエステラーゼ阻害がメインの作用となり、基本的には同じような効果が期待できます。

作用機序の比較で異なる点は、レミニールにはコリンエステラーゼ阻害以外にもAPL作用というものがあります。

APL作用とはallosteric potentiating ligand(アロステリック活性化リガンド)作用であり、ニコチン性アセチルコリン受容体のアセチルコリン結合部とは異なる部位に結合し、アセチルコリンによるニコチン性アセチルコリン受容体の活性化を増強させることです。これにより、レミニールはコリンエステラーゼ阻害とは別の機序でもアルツハイマー型認知症の症状進行の抑制を期待できます。

それぞれの代表的な剤型の薬価の比較は以下の通りであり、通常の維持用量(アリセプト:5mg、レミニール:16mg)では1日1回使用のアリセプトの方が経済的と言えます。

薬剤名 アリセプト
(5mg)
レミニール
(8mg)
1錠の薬価
(円)
300.60 191.10
用法 1日1回 1日2回
1日の薬価
(円)
300.60 382.20

薬を使用する際には必ず添付文書を確認し、決められた用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)