アストマリの効果や副作用|効かない場合の確認点や授乳中の使用についても

アストマリの特徴、効果、副作用、使い方、飲み合わせ、授乳中の使用、妊娠中の使用、薬価、市販での購入などについて添付文書等から解説していきます。

アストマリの特徴

アストマリはデキストロメトルファンを成分として含む咳止めの薬であり、風邪、気管支炎、肺炎などの咳症状に対して効果がある薬です1)

アストマリの特徴として、非麻薬性の鎮咳薬に分類されるものの、麻薬性に分類されるコデインと同程度の鎮咳作用が期待できます2)

アストマリには1錠中にデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物を15mg含むアストマリ錠15mgと、1g中にデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物を100mg含むアストマリ細粒10%があります。

今回は主に錠剤のアストマリ錠15mgについて確認していきます。

1) アストマリ錠15mg/アストマリ細粒10% 添付文書
2) アストマリ錠15mg/アストマリ細粒10% インタビューフォーム

アストマリはメジコンのジェネリック医薬品

アストマリ錠15mgはジェネリック医薬品に分類される薬であり、同じデキストロメトルファンの成分を含む薬の先発医薬品はメジコン錠15mgです。なお、薬の価格である薬価はアストマリとメジコンとで差はありませんので薬局でかかる費用はどちらでも同じとなります。

また、アストマリ細粒10%もジェネリック医薬品に分類される薬ですが、厳密にはアストマリ細粒10%の先発医薬品に該当する薬はありません。細粒とほぼ同じ剤型であればメジコン散10%があり、先発医薬品を使用したい場合はメジコン10%散が候補となります。アストマリ細粒とメジコン散であれば、アストマリの方が薬価が低いため、経済的と言えます。

アストマリの効果

アストマリ錠15mgは風邪、気管支炎、肺炎などの咳症状に対して効果がある薬です。

アストマリの効能効果の詳細は以下の通りです。

下記疾患に伴う咳嗽
感冒、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺炎、肺結核、上気道炎(咽喉頭炎、鼻カタル)
気管支造影術および気管支鏡検査時の咳嗽

アストマリ錠15mg/アストマリ細粒10% 添付文書

アストマリの作用機序

アストマリの作用機序は、成分のデキストロメトルファンが脳の咳中枢に直接作用することにより、咳嗽反射閾値を上昇させて咳を抑えます。

なお、アストマリは非麻薬性に分類される鎮咳薬ですが、その鎮咳作用は麻薬性の鎮咳薬であるコデインと同程度とされており、さらに気道分泌抑制や気管支筋収縮作用はコデインより弱いとされているため、痰を伴うような咳にも使用できます1)

1) アストマリ錠15mg/アストマリ細粒10% 添付文書

アストマリの実際の効果

アストマリ錠15mgの実際の患者さんに対する効果として、メジコンの再評価結果が参考となります。

1289例の患者さんに対して使用した結果ではメジコンの効果は81.3%とされており3)、様々な疾患における咳に対して効果が確認されています。

疾患名 有効率(%)
感冒 86.3
急性気管支炎 71.1
気管支炎 84.7
慢性気管支炎 69.8
気管支拡張症 64.0
肺炎 81.0
肺結核 79.3
急性上気道炎 97.3
急性気道炎 74.0
咽頭炎 81.8
気管支造影術 72.7
81.3

3)  メジコン錠15mg/メジコン散10% 添付文書

アストマリの使い方

アストマリ錠15mgの使い方は、1回に1〜2錠を1日3回使用するケースが多い薬です。

アストマリの用法用量の詳細は以下の通りです。

デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物として、通常成人1回15~30mg(アストマリ錠15mg:1~2錠、アストマリ細粒10%:0.15~0.3g)を1日1~4回経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。

アストマリ錠15mg/アストマリ細粒10% 添付文書

アストマリの子供への使用

アストマリは一般的には15歳未満の子供には使用しない薬です。子供に対する用法用量は設定されておらず、使用上の注意として「低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していない。」とされています。

ただし、アストマリの成分であるデキストロメトルファンは、メジコン配合シロップなどの薬に含まれている成分であり、子供用として使用されることもある成分です。

そのため、医師の裁量によっては15歳未満の子供でも使用される可能性があり、医師の適切な診察により処方された場合は、指示された通りに使用しましょう。

アストマリが効かない場合は

アストマリ錠15mgが効かないと感じる場合は、まずは用法用量が正しいか確認しましょう。

アストマリは前述の通り、比較的用法用量の幅が広い薬です。

1回に2錠使用するケースもあり、その場合は1回に1錠しか使ってないかという点や、1日3回のところを1日1〜2回しか使用していないかといった点を確認しましょう。

正しい用法用量で使用しているにもかかわらず、効かないと感じる場合は薬が症状にあっていない可能性もあります。処方された期間を飲みきっても改善しない場合は再度クリニック等を受診するようにしましょう。

アストマリの副作用

アストマリ錠15mgの主な副作用は悪心(吐き気)、めまい、眠気などとされています。

アストマリの副作用頻度の参考となるデータとして、メジコン錠15mgの再評価の結果があり、悪心(吐き気)が0.96%、めまいが0.37%、眠気が0.33%とされています。

上記の結果からはアストマリの眠気の頻度は高くないものの、重要な基本的注意として、自動車の運転などは注意喚起されているため、注意が必要な副作用と言えます。

1)重要な基本的注意
眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。

アストマリ錠15mg/アストマリ細粒10% 添付文書

アストマリの飲み合わせ

アストマリ錠15mgは一緒に飲むことができない薬(併用禁忌)、飲み合わせに注意が必要な薬(併用注意)があり、それぞれ注意喚起されています1)

併用禁忌の薬として、MAO阻害剤が挙げられており、セレギリンを成分とするエフピーOD錠などが該当します。併用できない理由として、痙攣や異常高熱などが見られるセロトニン症候群が現れる可能性が指摘されています。

その他、飲み合わせに注意が必要となる薬(併用注意)としてい以下のものがあります。

成分名等 代表的な薬剤
薬物代謝酵素(CYP2D6)を阻害する薬剤
キニジン、アミオダロン、テルビナフィン等
アンカロン、タガメット
セロトニン作用薬
選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)等
ジェイゾロフト、パキシル、デプロメール、レクサプロ

上記のような薬を使用している場合は必ず医師や薬剤師に伝えておくようにしましょう。

1) アストマリ錠15mg/アストマリ細粒10% 添付文書

アストマリの授乳中の使用

アストマリ錠15mgは授乳中の使用に関して特別な注意喚起はありません。

アストマリの製薬会社の添付文書では、授乳中の使用に関して特に記載はなく1)、基本的に授乳中でも使用できる薬と言えるでしょう。

専門家による見解においても、愛知県薬剤師会が作成している「妊娠・授乳と薬」対応基本手引きでは、小児にも適応があり、授乳婦にも使用可能という内容です4)。また、大分県「母乳と薬剤」研究会が作成している母乳とくすりハンドブックでも、同様の内容であり、「多くお授乳婦で研究した結果、安全性が示された薬剤 / 母乳への移行がないか少量と考えられ乳児に有害作用を及ぼさない」という見解です5)

小児にも適応があり、授乳婦に使用可能と考えられる。

「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き(改訂 2 版)

授乳婦服用による有害事象の報告が見当たらない。小児に適応を持ち、移行したとしても問題にならないと思われる。

母乳とくすりハンドブック

実際に授乳中にアストマリを使用するかは、処方医の先生の判断となります。アストマリに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は授乳中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

1) アストマリ錠15mg/アストマリ細粒10% 添付文書
4) 愛知県薬剤師会 「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き(改訂 2 版)(2012)
5) 大分県「母乳と薬剤」研究会 母乳とくすりハンドブック(2010)

アストマリの妊娠中の使用

アストマリ錠15mgは妊娠中の使用に関して、治療の有益性が危険性を上回る場合のみ使用と注意喚起さており、実際に使用するかは医師の判断となります。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
〔妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。〕

アストマリ錠15mg/アストマリ細粒10% 添付文書

専門家の意見と一つとして、愛知県薬剤師会が作成している「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き(改訂 2 版)(2012)では妊娠中の使用に関して問題ないという見解です4)

ヒトでの催奇形性、胎児毒性を示唆するデータなし。妊婦に使用可能と考えられる。

「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き(改訂 2 版)

実際に妊娠中にアストマリを使用するかは、授乳中と同様に処方医の先生の判断が必要です。アストマリに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は妊娠中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

4) 愛知県薬剤師会 「妊娠・授乳と薬」対応基本手引き(改訂 2 版)(2012)

アストマリの薬価

アストマリ錠15mgの薬価は、2016年4月の改定時点(2016年4月〜2018年3月まで)で1錠あたり5.6円となっています。

なお、アストマリ錠はジェネリック医薬品に分類される薬ですが、同じデキストロメトルファンはを成分とする先発医薬品のメジコン錠15mgも同じ薬価です。従ってメジコン錠を使用してもアストマリ錠を使用してもかかる費用は変わらないと言えます。

アストマリの市販での購入

アストマリの成分であるデキストロメトルファンは市販薬にも含まれている成分であり、市販でも買うことができます。

コンタックせき止めSTなどがデキストロメトルファンを含む代表的な市販薬の一つであり、せき、たんに効果があるとされています。

アストマリを市販でも購入したい場合の代替品として上記ようなデキストロメトルファンを含む市販薬を選びましょう。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)