リドメックスは市販で買える?代表できる市販薬と軟膏、クリーム、ローションの剤型

ステロイドの塗り薬であるリドメックスについて、代用となる市販の薬を確認していきます。

リドメックスの特徴と市販での購入

リドメックスはプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを成分としたステロイドの塗り薬です1)リドメックスコーワ軟膏0.3%/リドメックスコーワクリーム0.3%/リドメックスコーワローション0.3% 添付文書

リドメックスの特徴は、ステロイドとしての強さが比較的穏やかなことから、デリケートな部分や小児でもよく使用される点が挙げられます。

ステロイドの外用剤はその効果の強さに応じて最強のⅠ群(Strongest)からⅡ群(VeryStrong)、Ⅲ群(Strong)、Ⅳ群(Mild)、最も弱いⅤ群(Weak)に分類されます。リドメックスはこの中で強さが下から2番目となるⅣ群に分類されるため、副作用もほとんどなく安心して使える外用剤と言えます。

リドメックス自体は処方薬であるため、全く同じものは市販で買うことはできませんが、リドメックスと同じ成分の薬は市販薬として販売されているため、市販の薬で代用することが可能です。

リドメックスの市販の代用品|同じ成分を含む塗り薬は

リドメックスの市販の代用品として、同じ成分を含む塗り薬の代表製品はリビメックスコーワ軟膏、リビメックスコーワクリーム、リビメックスコーワローションが挙げられます。

リビメックスは処方薬のリドメックスの製造販売会社である興和株式会社が同じく製造販売している市販薬であり、同じプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの成分を含むため、代表的な代用品と言えます。

ただし、リドメックスと異なる点として成分のプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの濃度が半分となっています。処方薬のリドメックスは1g中3mgのプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを含むのに対し、市販薬のリビメックスは1g中1.5mgとなります。そのため、リビメックスの方が効果が抑えられていると考えられます。

また、リビメックスの効能効果は「湿疹,皮膚炎,かぶれ,虫さされ,かゆみ,あせも,じんましん」であり2)リビメックスコーワ軟膏 添付文書、処方薬のリドメックスの効能効果とほとんど変わりありませんが、乾癬などは明記されていないため、自己判断でリビメックスを使用するのは避けましょう。

その他にもリドメックスと同じ成分を含む単一成分の市販の塗り薬として、メンソレータムAPソフトローション、ピュアクイックS軟膏、ニッポーデルマP軟膏、カユミックアルファ軟膏、カユミックアルファクリームなどがありますが、いずれもリビメックスと同じ成分量、同じ効能効果となります。

リドメックスの市販薬|軟膏、クリーム、ローションの選択肢

リドメックスの市販の代用品についても、軟膏、クリーム、ローションといった複数の剤型の選択肢があります。

それぞれの剤型別の特徴は以下の通りであり、用途ごとに使い分けることができます。軟膏、クリーム、ローションの代表的な市販薬はリビメックスコーワ軟膏、リビメックスコーワクリーム、リビメックスコーワローションとなります。

剤型 メリット デメリット 向いているケース
軟膏 保湿性が高く、刺激が少ない ベタベタし使用感がイマイチ 傷があったり、ジュクジュクしている部分
ローション 吸収が最も速く、使用感も良い 最も刺激を感じやすく、効果が続かない 頭部への使用

リドメックスの市販薬|子供の使用は

リドメックスの市販の代用薬と言えるリビメックスなどは、小児に使用する場合は保護者使用監督のもと使用するよう注意喚起されていますが、使用すること自体は禁止されておらず、使用することが可能です。

処方薬のリドメックスは小児でも使用することが多くあるため、同じ成分のリビメックスなどについても小児に対して使用可能と言えます。ただし、顔や陰部などは他の部分よりも薬の吸収が良いため、使用する場合は注意が必要であり、可能であれば医師の診察を受けた上で処方してもらう方が安全と言えます。

用法関連注意

(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。

リビメックスコーワ軟膏 添付文書

出典・引用・参考文献   [ + ]

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)