メチコバールを市販で買うには?|代用となる市販薬や他の含有成分についても

メチコバールについて、市販で購入する場合の代用になり得る製品や、他の成分を含む製品についてケース別に確認していきます。

メチコバールの特徴

メチコバールはメコバラミンといわれるビタミンB12の一種である成分を含み、神経痛やしびれなどの末梢性神経障害に対して効果がある薬です1)メチコバール錠250μg/メチコバール錠500μg/メチコバール細粒0.1% 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170033_3136004C1038_1_04.pdf

メチコバールの特徴として、補酵素型ビタミンB12(メコバラミン)を含有し、他のB12製剤と比較し神経組織への移行性に優れるという特徴があります2)メチコバール錠250μg/メチコバール錠500μg/メチコバール細粒0.1% 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170033_3136004C1038_1_04.pdf。耳鳴りやめまい、難聴などでも使用されるケースがあります。

メチコバールには通常の錠剤であるメチコバール錠500μg、メチコバール錠250μg、粉薬であるメチコバール細粒0.1%のほか、注射剤のメチコバール注射液500μgの種類があります。

メチコバールの成分は市販でも買える

様々な用途で使用されるメチコバールですが、この成分であるメコバラミンについては、市販薬にも含まれる成分のひとつであり、市販で買うことができます

ただし、メチコバールはメコバラミンの単一成分の薬であるのに対し、市販ではメコバラミンの単一成分の薬はなく、他の成分と配合されているものから選ぶ必要があります。

メチコバールの成分を含む市販薬|メチコバールの代用となるのは

メチコバールの成分であるメコバラミンを含む市販薬は数種類あり、メチコバールの代用になり得るものについて、ケース別に確認していきます。

手足のしびれや神経痛に使用する場合

メチコバールの代用として、手足のしびれや神経痛に使用する場合には、ナボリンEB錠、ユンケルB12、リラッセなどが代用とする市販薬の候補となります。

ナボリンEB錠はメコバラミンのほかにビタミンB1成分のフルスルチアミン塩酸塩、ビタミンB6成分のピリドキシン塩酸塩、ビタミンE成分の酢酸d-α-トコフェロールを含み、血行不良の改善なども期待できます。ユンケルB12はメコバラミンのほかにビタミンE成分の酢酸d-α-トコフェロール、ユンケルB12アクティブユンケルB12アクティブαではさらに別の成分も含むため、自分sの症状に合わせて使い分けましょう。リラッセは特徴のひとつとして上記の成分に加え血流促進成分ヘプロニカートの成分を含み血行の改善がより期待できます。

葉酸を配合しメチコバールの成分の働きを高めたもの

メチコバールの成分であるメコバラミンの働きを助ける成分として葉酸があり、この葉酸が一緒に配合されている製品も数種類あります。

代表的な製品はアクテージSN錠、アリナミンEXゴールド、ナボリンS、ヘルビタS、ベルスカットS、ロスミンS、メコプロミンなどがあります。

アクテージSN錠アリナミンEXゴールドはメコバラミンの他に葉酸を1mgと、ビタミンB1成分のフルスルチアミン塩酸塩、ビタミンB6成分のピリドキサールリン酸エステル水和物、ビタミンE成分のトコフェロール、神経系に効果が期待できるガンマ-オリザノールも含みます。

その他のナボリンSヘルビタSベルスカットSロスミンSメコプロミンの製品はいずれもメコバラミンのほかに葉酸を5mgと、ビタミンB1成分のフルスルチアミン塩酸塩、ビタミンB6成分のピリドキシン塩酸塩、ビタミンE成分の酢酸d-α-トコフェロールを含みます。

葉酸を含むメコバラミン製品は、葉酸を含まないメコバラミン製品よりも価格が少し高い傾向にあるため、価格と効果の点から自分いあっているものを選ぶのが良いでしょう。

参考までにナボリンの製品間で比較すると以下のようになります。

ナボリンEB ナボリンS
葉酸の
有無
含まない 含む
最小包装の希望小売価格 2,592円
(45錠)
1,580円
(21錠)
1錠あたりの価格 57.6円 75.2円

コンドロイチンを含む製品

メチコバールの成分のメコバラミンに加え、コンドロイチンの成分を含む市販薬も数種類販売されています。

コンドロイチンは軟骨組織を保護し、関節部で発生する痛みを緩和する効果が期待できます3)コンドロビーEX 添付文書

代表的な製品はカムリBM錠、コンドロビープラス、コンドロビーEXなどがありますが、注意点としていずれもメコバラミンの成分は1日量として60μgであり、メチコバールの一般的な1日量である1500μgと比較するとごく少量となります。関節痛などに対しては高い効果が期待できますが、厳密なメチコバールの代用としてはあまり向かないと言えます。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

出典・引用・参考文献   [ + ]

1. メチコバール錠250μg/メチコバール錠500μg/メチコバール細粒0.1% 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170033_3136004C1038_1_04.pdf
2. メチコバール錠250μg/メチコバール錠500μg/メチコバール細粒0.1% 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170033_3136004C1038_1_04.pdf
3. コンドロビーEX 添付文書
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)