ロキソプロフェンの効果と時間、間隔など|ロキソプロフェンの効果の強さも

ロキソプロフェンについてその効果や効果の強さ、使用する時間間隔、効くまでの時間(効果時間)、持続する時間(持続時間)の他、効果の強さや副作用についても解説していきます。

ロキソプロフェンの特徴

ロキソプロフェンはいわゆる解熱鎮痛剤の代表的な成分であり、解熱効果と鎮痛効果が認められており1)ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% 添付文書、最も使用される解熱鎮痛成分の一つです。

ロキソプロフェンの特徴として、生体内で活性体に変換されたのち作用を示すプロドラッグであり、他の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に比べ消化管障害が比較的少ない点2)ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% インタビューフォームや、速やかな効果発現が期待でき、半減期も短いため安全性のバランスが良い点(Pocket Drugs 2017, 医学書院)などが挙げられます。

ロキソプロフェンを含む代表的な製品としてロキソニンが挙げられ、ロキソニンのジェネリック医薬品はロキソプロフェンという成分名そのままの名称で販売されています。

また、ロキプロフェンはロキソニンSなどの商品名で市販薬としても販売されており、全く同じ成分を含むため、市販薬でも同様の解熱効果、鎮痛効果が期待できます3)ロキソニンS 添付文書

ロキソプロフェンの効能効果と用法用量

ロキソプロフェンは処方薬のロキソニン錠などと、市販薬のロキソニンSなどとでは効能効果に違いがあります。

処方薬『ロキソニン錠60mg』の効能効果と用法用量

1.下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛
通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mg、1日3回経口投与する。頓用の場合は、1回60~120mgを経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

2.手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎
通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mg、1日3回経口投与する。頓用の場合は、1回60~120mgを経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

3.下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mgを頓用する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、原則として1日2回までとし、1日最大180mgを限度とする。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% 添付文書

処方薬のロキソプロフェン製品では歯の痛みや腰痛、いわゆる風邪である急性上気道炎の解熱や鎮痛目的で使われることがメインとなります。また、処方薬のロキソプロフェンは目的によっては1回2錠使用することができ、その点が市販のロキソプロフェン製品とは異なっています。

市販薬『ロキソニンS』の効能効果

○頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
○悪寒・発熱時の解熱

ロキソニンS 添付文書

市販薬『ロキソニンS』の用法用量

次の量を,水又はお湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1錠:2回まで。
症状があらわれた時,なるべく空腹時をさけて服用して下さい。
ただし,再度症状があらわれた場合には3回目を服用できます。
服用間隔は4時間以上おいて下さい。
15歳未満:服用しないで下さい。

ロキソニンS 添付文書

市販薬のロキソプロフェン製品の代表例であるロキソニンSは効能効果に頭痛、月経痛、生理痛が明記されており、この目的で使用している方も多いかと思います。クリニックにかからなくても手軽に手に入るのが市販薬の特徴です。

処方薬のロキソニンと市販薬のロキソニンSでは含まれる成分が同じであり、実際には全く同じ効果が期待できます。しかし、処方薬と市販薬では医師の診察による判断が含まれているかいないかという点が異なっており、そのため、使用できるケースや使用出来る量も異なっています。

ロキソプロフェンの使用間隔|空けるべき時間は4時間以上

ロキソプロフェン製剤は処方薬、市販薬ともに最低4時間、できれば6〜8時間の使用間隔を空けるのが安全です。

処方薬のロキソプロフェン製品に関しては具体的な空けるべき時間間隔については規定がありませんが、処方薬ロキソニンの製薬メーカーの公式のFAQでは、参考として以下の内容が取り上げられています。

一般に、頓服薬の2回目の服用は、1回目の服用から6時間、可能であれば8時間後と言われています。この時間は、薬物の消失半減期から、2回目服用後も血中薬物濃度が中毒域まで上昇しないと考えられる1つの目安です。
解熱剤:通常、38.5℃以上の時に服用します。効かなくても続けて服用しないでください。少なくとも3~4時間はあけてください。
鎮痛剤:少なくとも3~4時間はあけてください。

第一三共株式会社 medical library

また、市販のロキソニンSに関しては用法用量に「服用間隔は4時間以上おいて下さい。」と明確に記載されています4)ロキソニンS 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/ogo/K1101000003_07_01

これらの点から、ロキソプロフェン製剤はは最低4時間、できれば6〜8時間の間隔をあけて使用するようにしましょう。

なお、1日3回の使用であれば、5日間連続でロキソニンを使用した場合でも身体の中に成分が蓄積することはなかったという確認がされており 5)ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% インタビューフォーム http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/430574_1149019C1149_1_LO9_1F、ロキソプロフェン製剤は使用方法や使用間隔を守って使用すれば、比較的安全に使用出来ると考えられます。

ロキソプロフェンの効果の強さ

ロキソプロフェン製剤は身体の様々な痛みに対していずれも強い効果が確認されています6)ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% インタビューフォーム http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/430574_1149019C1149_1_LO9_1F

特に急性上気道炎(いわゆる風邪)や抜歯後の痛みに対しては90%以上の有効性、腰痛や肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)に対しても80%以上の有効性が確認されています。

ロキソプロフェン製剤が非常の多くの人に使用される背景には、このような効果の強さが確認されている点もあげられるでしょう。

ロキソプロフェンの効果が現れるまでの時間

ロキソプロフェン製剤で最も気になることの一つに実際にその効果が現れるまでの時間、効くまでの時間があるかと思います。これらの情報を実際の調査データを用いて確認していきます。なお、市販薬のロキソプロフェン製剤も基本的には同じ傾向になります。

通常は15分〜30分くらいで効果が現れる

ロキソプロフェン製剤は通常は15分〜30分前後で効果が現れると考えられます。

手術後・外傷後疼痛に対するロキソニンの効果を調べた調査では、鎮痛効果は、15分以内に20%、30分以内 には54%の人で認められたということが確認されています7)ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% インタビューフォーム http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/430574_1149019C1149_1_LO9_1F

この結果からはロキソプロフェン製剤を使用した2割の人は15分以内に効果を実感でき、30分経てば半分の人は効果が実感できると言えるでしょう。

抜歯後の歯痛には15分でも効果を実感

一方で、ロキソプロフェン製剤を2錠使用した調査では15分で50%以上の人が効果を実感出来るという結果も得られています。

抜歯後疼痛に対してロキソニンを2錠使用した時の鎮痛効果は、15分以内に52%、30分以内には84%の人に効果がみられ、速効性に優れていることが確認されています8)ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% インタビューフォーム http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/430574_1149019C1149_1_LO9_1F

ロキソプロフェン製剤を2錠使用していい場面は限られており、医師の指示がなければ2錠使用することはできませんが、2錠使用した際はより早く実感出来ると考えられそうです。
なお、市販薬のロキソプロフェン製剤は1回に2錠することはできませんので、ご注意ください。

解熱の効果も30分後から

風邪などに対して熱を下げる目的で使用した場合も、ロキソプロフェン製剤の効果は30分程度で現れると考えられます。

上気道炎の患者さん30人程度に対してロキソプロフェンの効果を確認した調査では平均体温が38.0℃だったのに対し、ロキソプロフェン使用後30分で37.8℃まで低下し、2時間後には37℃を下回る36.9℃まで低下したという結果が得られています9)勝 正孝 他:臨床医薬 9(10), 2321-2331,1993

このようにロキソプロフェンは痛みに対してのみではなく、解熱目的で使用する場合もすばやく効果が現れ始めると考えられます。

他の薬と比較しても速い効果|ロキソプロフェンは18〜21分後に効果という結果

ロキソプロフェンの効果が出るまでの時間を他の解熱鎮痛薬と比較している調査10)鶴岡 正吉 他:薬理と治療 35(2), 129-36, 2007もあります。

この調査では動物のラットに対して炎症を起こさせて、薬を胃内に投与し、その効果を確認しています。

ロキソプロフェンを、セレコックスの成分であるセレコキシブ、ロルカムの成分であるロルノキシカムと効果が出るまでの時間を比較した結果では、薬を飲んでから鎮痛効果が得られるまでの時間の目安として、ロキソプロフェンが18〜21分後、セレコキシブ(セレコックス)が30〜33分後、ロルノキシカム(ロルカム)が33〜36分後という結果が得られています。

前述の実際の患者さんに対する結果でも15分〜30分で効果が現れているケースが一般的という結果であり、この調査でも18分〜21分後という同程度の結果となっています。また、ロキソプロフェン製剤はセレコックスやロルカムといった他の解熱鎮痛薬よりも素速く効果が現れると言えそうです。

ロキソプロフェンの効果の持続時間

ロキソプロフェンの効果が持続する時間について確認していきます。

痛みに対する効果持続時間は平均7時間持続

製薬メーカーの公式のFAQでは、効果持続時間は7時間とされています。情報提供されている内容は以下のとおりです。

抜歯、小手術後の疼痛発症患者の効果持続時間は、平均7.0時間と報告されています。
口腔外科小手術患者の術後疼痛ではロキソニンを服用後、5-6時間後に疼痛が再燃したものが最も多かったと報告されています。

第一三共株式会社 medical library
https://www.medicallibrary-dsc.info/di/faq/loxonin.php

これらの内容から推測するにロキソプロフェンの効果持続時間は7時間程度続くと考えられますが、痛みが強い場合には速ければ5-6時間後に再び痛くなる可能性があると言えるでしょう。

解熱効果も4時間以上期待できる

ロキソプロフェンは解熱目的で使用した場合も4時間以上は効果が持続すると考えられます。

解熱に対するロキソプロフェンの効果持続時間は、厳密に確認された調査はあまり無いようですが、ロキソプロフェンの効果が現れるまでの時間を確認した調査では、平均体温が38.0℃の患者さん30名程度にロキソニンを使用したところ、4時間後の平均体温は36.7℃まで下がっていたという結果が得られています11)勝 正孝 他:臨床医薬 9(10), 2321-2331,1993

この結果からロキソプロフェンは少なくとも4時間以上は解熱効果が持続することが予想されます。ロキソプロフェンを1錠使用してから、2錠目を使用する間隔は、前述の通り最低4時間以上空けることが推奨されますが、ロキソプロフェンはこの最低4時間の間は効果が出続けることが想定されます。

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

出典・引用・参考文献   [ + ]

1. ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% 添付文書
2. ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% インタビューフォーム
3. ロキソニンS 添付文書
4. ロキソニンS 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/ogo/K1101000003_07_01
5. ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% インタビューフォーム http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/430574_1149019C1149_1_LO9_1F
6. ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% インタビューフォーム http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/430574_1149019C1149_1_LO9_1F
7. ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% インタビューフォーム http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/430574_1149019C1149_1_LO9_1F
8. ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10% インタビューフォーム http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/430574_1149019C1149_1_LO9_1F
9. 勝 正孝 他:臨床医薬 9(10), 2321-2331,1993
10. 鶴岡 正吉 他:薬理と治療 35(2), 129-36, 2007
11. 勝 正孝 他:臨床医薬 9(10), 2321-2331,1993

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)