インフルエンザの出席停止の期間|幼児と小学生以上の期間【2016版】

インフルエンザにかかった時の出席停止の期間について、関連する法律の学校保健安全法に基づき、保育園・幼稚園の幼児と小学校以上の場合に分けて解説していきます。また、厚生労働省のQ&Aについても紹介していきます。

インフルエンザの出席停止の期間の概要

インフルエンザなどの感染症における出席停止期間学級閉鎖基準期間は、学校保健安全法の施行規則にて定められています。

従来のインフルエンザの出席停止期間は解熱した後2日を経過するまでとされていましたが、近年はタミフルやイナビルなどの抗インフルエンザ薬が普及したことに伴い、解熱してもウイルスの感染力が残っているケースがあるため、2012年4月より、学校保健安全法における出席停止期間が見直され、解熱後の概念に加えて、発症後の日数の概念も追加されています1)

学校保健安全法の施行規則に基づき、インフルエンザ感染後の幼稚園・保育園の幼児と小学校以上での出席停止期間と、学級閉鎖等の基準と期間をまとめると以下のようになります。

 区分 基準と期間
出席
停止
期間
幼稚園・
保育園の
幼児
発症した後5日を経過
かつ
解熱した後3日を経過
小学校
以上
 発症した後5日を経過
かつ
解熱した後2日を経過
学級
閉鎖
学級 20%以上の欠席 3〜5日
学年 10%以上の欠席
学校 10%以上の欠席

1) 文部科学省スポーツ・青少年局:学校保健安全法施行規則の一部を改正する省令の施行について(2012年4月2日)

保育園・幼稚園の幼児の出席停止期間は発症後5日+解熱後3日

インフルエンザ感染後の保育園幼稚園幼児出席停止期間は、前述の通り発症後5日経過しており、かつ解熱後3日経過している必要があります。

発症後と解熱後のカウントの仕方は、発症後とは発熱した日の翌日を1日目、解熱後とは解熱した日の翌日を1日目とカウントします。

小学生以上の学生よりも、解熱後の出席停止期間が1日長い理由は、低年齢者ほどウイルス排泄が長期に及ぶという点から指定しています。

ただし、症状によっては医師の判断で感染の恐れがないとした場合は、この期間よりも早く出席できることがあります。

%e5%87%ba%e5%b8%ad%e5%81%9c%e6%ad%a2%e6%9c%9f%e9%96%93%ef%bc%88%e5%b9%bc%e5%85%90%ef%bc%89

小学生以上の出席停止期間は発症後5日+解熱後2日

小学生以上の学校における出席停止期間は、前述の通り発症後5日経過しており、かつ解熱後2日経過している必要があります。

発症後と解熱後のカウントの仕方は、幼児と同様に発症後とは発熱した日の翌日が1日目、解熱後とは解熱した日の翌日が1日目となります。

また、こちらも幼児と同様、症状によっては医師の判断で感染の恐れがないとした場合は、この期間よりも早く出席できることがあります。

%e5%87%ba%e5%b8%ad%e5%81%9c%e6%ad%a2%e6%9c%9f%e9%96%93%ef%bc%88%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e7%94%9f%e4%bb%a5%e4%b8%8a%ef%bc%89

インフルエンザの出席停止の期間に関する厚生労働省のQ&A

インフルエンザの出席停止の期間に関して、厚生労働省のホームページでは前述の学校保健安全法を参考として紹介し、発症後3〜7日間は外出を控えるように注意喚起しています。

Q.17: インフルエンザにかかったら、どのくらいの期間外出を控えればよいのでしょうか?

一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。そのためにウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります。

排出されるウイルス量は解熱とともに減少しますが、解熱後もウイルスを排出するといわれています。排出期間の長さには個人差がありますが、咳やくしゃみ等の症状が続いている場合には、不織布製マスクを着用する等、周りの方へうつさないよう配慮しましょう。

参考までに、現在、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています(ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません)。

平成27年度インフルエンザQ&A 厚生労働省

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。

今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)