アイピーディの効果や副作用

アイピーディの特徴、効果や副作用について確認していきます。

アイピーディの特徴

アイピーディはスプラタストを成分として含み、喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎に対して効果がある薬です。

アイピーディの特徴として、サイトカインを阻害することによってアレルギー症状を抑制します。

アイピーディの効果

アイピーディは喘息、アトピー、アレルギー性鼻炎などの症状に対して効果があります。

アイピーディの効能効果の詳細は以下の通りです。

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎

アイピーディカプセル50/アイピーディカプセル100 添付文書

アイピーディの作用機序

アイピーディの作用機序は、サイトカインのうちIL – 4及びIL -5の産生を抑制することで、効果を発揮し、種々のアレルギー症状を抑制します。

アイピーディの使い方|用法用量

アイピーディは通常100mgカプセルを1日3回食後に使用します。

アイピーディの用法用量の詳細は以下の通りです。

通常、成人にはスプラタストトシル酸塩として1回100mgを1日3回毎食後に経口投与する。
ただし、年齢、症状により適宜増減する。

アイピーディカプセル50/アイピーディカプセル100 添付文書

アイピーディの飲み合わせ

アイピーディは飲み合わせの悪い薬はありません。

基本的にはどのような薬とも併用することができます。

アイピーディの副作用

アイピーディは特別に注意が必要な薬はあまりありません。

主な副作用として報告されているのは、胃部不快感0.4%、嘔気0.4%、ALT(GPT)上昇0.4%、AST(GOT)上昇0.3%、眠気0.5%、発疹0.2%等であり、特に頻度が高い副作用はありません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)